AmazonベーシックのMicro USB - Lightning変換アダプタを買った

これ買った。MicroUSB端子を持つケーブルに着けるとLightningケーブルとして使えるというもの。 Amazonベーシック Apple認証 (Made for iPhone取得) マイクロUSB - ライトニング 変換アダプターposted with amazlet at 16.04.01AmazonBasics 売り上げランキング: 1,780Amazon.co.jpで詳細を見る 買った理由 家での充電環境でLightningケーブルがもう一本あるといいなあと思っていたこと。これがひとつ。 もう一つ大きいのが、外でモバイルバッテリーから充電したい。家のケーブルは使いたくなくて、やはりもう一つあったほうがいいだろうと。 そしてモバイルバッテリーを持ち歩くときにmicroUSBケーブルとLightningケーブル2本は持ちたくなくて。 モバイルバッテリーを買ったときに付いてきたケーブルもmicroUSBケーブルだし、ほかにも何かにつけて付属品として入っているからたくさん持っていた。 こういうわけでMicroUSBにLightning変換アダプタをつければいいじゃんという考えに至る。 写真で紹介 簡易パッケージで届いた。 大きさは標準のLightningケーブルのコネクタ部よりも大きい。とはいえ幅が倍ということはなく、せいぜい50%増しくらいか。 microUSBケーブルに装着してみたとこ…

続きを読む

100円ショップで買えるiPhoneケースが意外といい

iPhone5につけるケースを探しに100円ショップへ行きました。透明のTPUケースが第一候補で、なければ透明のハードケースでいいやと考えていました。店に着くとiPhone5用のケースはいくつか置いてありましたがTPUのケースは残念ながら置いてありませんでした。透明のハードケースは置いてありましたが、ほかにハードケースで良さそうなものがあったのでそちらを選び買って帰りました。 それがこれです。 黒で少し透ける程度のハードケース。ラバーコーティングで手触りがツルツルではなくサラサラになっています。触っていて気持ちいいです。サラサラとは言っても手に持って滑り落としそうな感じはないです。 手触りももちろん、製品の出来もよく、値段を超えた満足感があります。メーカー製のハードケースはプレーンなものでも1000円くらいしますし(フィルムがついていたりもしますが)、それと比べても安っぽさを感じないいい製品だと思います。 Apple製品を買ってついてくるリンゴシールを貼ってます。このシールって使い途がないなーといつも思っていて、貯まっていくばかりなので使ってみることにしました。あれは世の中ではどう使われているのでしょうか。透明度はケースの上からiPhone背面のAppleロゴがよく見ると見えるレベルです。 このケース唯一の欠点は音量ボタンが非常に押しにくくなる点です。指の腹では痛くなるので、爪を使って押すことになると思います。 100円なら万一気に入らなくてもす…

続きを読む

iPhone5を手に入れての感想

以前iPhone4を譲ってもらい、iPod touch的に使っていました。SIMは入れず、外で使うときにはモバイルルーターにぶら下げて使っていた。用途としてはiPadで動画を見ているときに手元でfeedly開いたり、twitter見たり、ゲームしたり。それは家で使う時の用途で、もう一つの使いみちとしてはまさにiPod touchのように音楽を聞くために利用してきた。残念なことに春くらいに落として画面のガラスを割ってしまっていた。iPhone6s発売後6sに買い換える家族が4の時のように譲ってくれた。代わりに割れたiPhone4は返してキャリアの下取りに出し、大した額ではないが買い取ってもらい手元を離れた。 iPhone5を譲り受け、使ってみた感想を今日は書く。 iPhone4から5の進化を体感した 見た目から大きく変化した4から5への変更は、快適さが劇的に向上した。 見て分かるハードの変化 すぐ見てわかる変化として画面が縦に伸び、3.5インチから4インチへ大きくなった。そして薄く軽くなった。裏面のガラスは金属の筐体になった。4の見た目はかっこいいが、5の軽い筐体を持った後だと5のほうが実用的だし、割る心配もなく好ましい変化に感じられた。縦に伸びただけだが表示領域が拡大し見やすくなった。以前はアプリで上下のバーの間のコンテンツが少なく感じられていた。その中身の領域が増え使い勝手が向上した。 端子が30ピンからLightningに変わった。イヤホンの穴の位置が左…

続きを読む

Google KeepがiPhone/iPadで使えるようになってうれしい

ちょっと前に出たiOS版のGoogle Keep。長い間切望していたアプリが遂にiOSでも。出た当日インストールして使ってます。 Androidで出た頃から使っていて、ChromeアプリでWindowsでも1アプリとしてタスクバーに置いています。そしてiOSのiPhone, iPadでも使えてすべて同期されています。ちょっとしたことをメモしておくのに本当に相性が良くて、気軽に使えます。タスク機能も入ってますが、ほぼ使わずとにかくメモとして使っています。 手軽なメモとして 私はカレンダーとかタスクは合わなくて、一度使い始めてもすぐにアプリを開かなくなってしまいます。決まった型に入れれるものばかりではなく、2, 3行の文章を書いておきたい場合もあります。keepは一言でも長い文章でも気兼ねなく書いておける自由さと、すぐに起動してすぐ入力して閉じるだけの簡単さがあって、いつまでも使いたいと思わせる。他のアプリだったら開くのが億劫になって離れていくのに。 たぶん私はスケジュール帳とかtodoアプリとかに向いてない人間なんでしょうね。私みたいな人には、keepを使ってみるといいんじゃないかと思います。 サイクルメーターで1日の走行距離を、メモするのにも使ってますよ。ロードバイクに乗る時もスマホは持っていて、家についた時さっと開いてさっと保存できる。 同期できるテキスト保存のサービスとしてEvernoteもアカウントを持ってますが、使いやすいと思ったことはないですね。機…

続きを読む

Google Play Music の iOSアプリをインストールしてみた

2013年の冬にiOS版のアプリが米国で出ました。(techcrunch記事) 以降ほかの国でリリースされたかは知りませんが、現時点で日本では提供されていません。 日本から海外のApp Storeのアプリをダウンロードすることもできるらしいという情報はなんとなく聞いたことがあって、今回試してみたという次第。 海外のApp Storeからアプリをダウンロードする手順 今回はiOS版のGoogle Play Musicをダウンロードしたい。このアプリは無料なので決済関係については何もしていません。有料アプリの場合だと使えるカードを登録したり、コードを手に入れる必要があるのでよりハードルが高くなります。 アカウントの国をUSに変更してダウンロードします。が、手順については既にわかりやすく説明しているブログが有ったのでそちらを貼っておきます。 Google Music for iOSをインストールしたくなったので頑張って入れてみた - さわっても熱くない花火 http://yanoshi.hatenablog.jp/entry/2014/03/02/025232 基本的にはこのサイトの通り、 App Storeのおすすめページ一番下からApple IDを開き、「国または地域名」をUSに変更、するん で す が 、それだけでは終わらなくて少し手こずったので、そこを補足情報として書いてみるというのがこの記事のポイント。 住所を入力しないと国の変更ができなかった …

続きを読む

iPhone/iPadの通知エリアからツイートしたい - 「Ready Tweet」

以前書いた記事「iOS7で通知からツイートできなくなったのでURLスキームで代替策」からのアップデート記事になります。 iOSの標準機能として通知エリアにツイート用のボタンを設置しできましたが、それがなくなってしまって…。という話で、前回の記事ではURLスキームを使ってツイートへの手間を減らそうということを書きました。Twitterクライアントの投稿画面へのショートカットを通知エリアに置いて。ですがTLの読み込みなどで表示までに時間もかかるために、次第に使わなくなっていきました。 今回は投稿専用アプリの紹介です。 Ready Tweetとは Ready Tweetは投稿に特化したアプリでTLの読み込みがなく起動が速いです。このアプリが優れている点は、通知にアプリ起動のショートカットを置く機能も内蔵していること。このアプリひとつで、通知エリアからすぐツイート画面に移れます。 では具体的にどういうことか見て行きましょう。 起動する 右のメイン画面を説明していきます。 上の段 次のツイート 上の段は次のツイートとあるように、これから投稿したいツイートの種類を4つから選びます。 左から、「ツイート」、「ツイート+イメージ」、「ツイート+定型文」、「ツイート+イメージ+定型文」。 ツイートは普通に新規に文章を書いてツイート。 ツイート作成の画面。 イメージは写真を撮るか、ライブラリーから選択。 左がカメラ、右がライブラリー。 …

続きを読む

もっと見る