電気毛布を正しく使って冬を暖かく過ごそう

【今週のブログテーマ】今回のテーマ:【「寒さ対策」】 ブログテーマで記事を書いてみることに。 寒さ対策としては以前ネックウォーマーについても書いた。たった数百円で生活のクオリティが上がるのでぜひ試してほしい。 この冬買って満足度が高かった「100均のネックウォーマー」: DNAが支配する世界 http://eltransportador.seesaa.net/article/416517804.html のどが弱く、毎年冬はのどを痛めていた。風邪を引くほどのことはそうないにしても、冬の朝はいつものどの調子はよくなかった。それがネックウォーマーを買ってからは全くそんなことはなくなった。知らなかった頃の自分に教えたい、単純だけど実践していなかった生活の知恵だ。 今日は電気毛布の話を書こうと思う。冬を暖かく過ごすコツみたいなものだ。 電気毛布を最大限活用しよう 部屋がとにかく寒くて、ある冬に我慢できなくなって電気毛布を買った。よくわからず適当に買って、適当に使っていた。スイッチを入れれば暖かくなる単純なものだ、使い方を考える必要も感じず満足していた。 今年も寒くなり、電気毛布を取り出して使い始めた。でもなぜかあまり満足できなくて、なぜだろうかと考えた。 ひざ掛けとしての正しい使い方 私が買った電気毛布は正確には電気敷毛布だ。確かこれが安くて選んだと思う。電熱線が入ったペラペラの薄い布だ。店頭にはもっと分厚い毛布らしいものもあっ…

続きを読む

この冬買って満足度が高かった「100均のネックウォーマー」

100均一で買ったネックウォーマー。あったかいよ。 昔から冬はすぐ喉が痛くなる。寝ているときが特にそうで、朝起きるとひどく痛む。風邪もそこから始まっている気がする。 買うまでの経緯 数年前に冬のサイクリングのために100均一でついでに手にとった。それまでは買ったことがなかった。冬のサイクリングの敵は冷たい風。100円だけど結構よかった。 それからは使わず眠っていたのだけどある冬に部屋でも使うように。1個しかないから毎日ではなく喉の開いた寝巻きの時に組み合わせて。他の日はタートルネック。 2014年の11月くらいに2つ買い足した。便利だぞって。組み合わせる服も変わり、ヒートテックの下着とスウェット、その上に羽織るもの。布団に入るときは上を一枚脱ぐ。入って少し経ちあったまるともう一枚脱ぐ。寝るときの姿は上はヒートテックの下着とネックウォーマー。 ちょっと別の話だけど 寝るときの姿 ふとんに入る時は薄着の方が暖かいよ。 冬キャンプの時に聞いたアドバイス。シュラフに入るときに友人は半袖半ズボンにまで脱いでいて寒そうだった。寒くないのかと聞くと薄着の方がいいんだぞと。 キャンパーではない私はそのことが印象に残っていて、それ以来冬にキャンプはしていないが、家でも布団に入るときはその言葉を思い出しなるだけ服を脱ぐようにしている。 親は布団に入ると暑くなるから脱ぐと言い、布団の中では薄着になっていた。僕は冬に布団に入っても寒いからと服を重ねるようになって…

続きを読む

もっと見る