BIC SIM買いました

BIC SIMを購入&契約しました。 BIC SIMはIIJmioウェルカムパックのビックカメラ販売版。契約はIIJと行う。違いはビックカメラのはWi2の無料パスが付いてくること。今後特典が打ち切りになるまでは、IIJの契約が続いている限り利用できるようだ。 購入はビックカメラのネットショップで。在庫切れで注文からしばらく待たされてから届いた。契約はIIJと行うため、IIJのwebサイトから手続きをする。細かいことは書かないが、プランを選び、mioIDを登録し、契約といった流れ。Wi2はまた別で、私はまだ登録していない。 契約したプランはミニマムスタート。6月から月に500MBのクーポンがつくようになり、そちらで十分だろうということで。 これまで使ってきた日本通信のスマートSIM(Amazonの高速定額SIMからサービス変更した)は今月からプランを月額定額980に変更しており、IIJが問題なく使えれば今月で解約するつもりだ。おそらく解約することになるだろう。 今回のIIJへの乗り換えで、長い間使ってきた日本通信とは一旦お別れとなる。これまでのMVNO歴を振り返ると、 b-mobile Fair → Amazon高速定額 → スマートSIM → BIC SIM といくつも使ってきている。できるだけ初期費用をかけないようにと切り替えは控えているつもりだったが、こうして見ると無駄にしているかもという気になってきた(笑) それにしても、だいぶ回線費用が安く…

続きを読む

HTC Sense 5 と Galaxy S4 の壁紙

HTC端末のUIであるSenseの最新版、Sense 5に含まれている壁紙とGalaxy S4にプリインストールされる壁紙の画像がすでに流出しています。いい壁紙がないかなーと探している頃に見つけて、少しの間使っています。 こちらがSense 5 ダウンロードはXDAから。リンク:Htc sense 5.0 wallpaper - HTC One X - XDA 最初の投稿の ”ORIGINAL SIZE BY LOAN92” を開くとGoogle Driveからダウンロード出来ます。Googleにログインしていないとダウンロードできないみたいです。壁紙は18枚あります。 そしてこちらがGalaxy S4 ダウンロードはSamMobileから。 リンク:Samsung Galaxy S4′s Full HD Wallpapers are now available for download - SamMobile ダウンロードリンクは記事の末尾にあります。全部で7枚です。 どちらも高精細なスマートフォン用のため、サイズは大きくなっています。非常にきれいだと思います。Senseのほうは縦長なのでスマートフォン専用という感じですが、Galaxyのほうは正方形でタブレットでも使えると思います。

続きを読む

アマゾン限定 高速定額(500MB)から 月額定額1980(1GB)へサービス変更が可能に!

アマゾン限定 高速定額(500MB)をご利用のお客様へ。 月額定額1980(1GB)へのサービス変更ができるようになりました! (高速通信の使える量が単純に2倍になります。申込は必要です。) bit.ly/UnVY1U— 日本通信b-mobile公式 (@bmobile_jci) December 27, 2012 ということです。 日本通信ががんばって仕事してくれて、年内に実現しました! リンク先http://www.bmobile.ne.jp/am/detail.html#scを見てみると確かにサービス変更の項目が b-mobile4G アマゾン限定 高速定額SIMのページに追加されています。 (画像はクリックで拡大) 上の図、ツイートにもあるように変更可能なプランは「月額定額1980」です。サービス変更のルートはその一本のみですが、サービス変更以降はスマートSIMとして扱われ、980円や2980円のプランにも変更可能ということのようです。 他の注意事項としては、 サービス変更は翌料金月から サービス変更後は元のプランには戻せない 料金の起算日が近い人は早めの変更申し込みを。変更後戻せない件は変更の申し込みキャンセルも受け付けないことに注意。とはいえ、変更にはメリットしかないと思われるので変更を躊躇う必要はないかと。 詳しくはこちらへ。 一応まとめておくと、 アマゾン限定 高速定額(500MB)は500MBまで高速(L…

続きを読む

日本通信が「スマートSIM」を発表!

つい先日IIJのライトスタートプランを強く推奨する記事を書きました。 データ通信用にAmazon SIMを利用中: DNAが支配する世界 この脅しが効いて(ほんとか?w)、日本通信が今日対抗するプランを出してきました。 日本通信、月額定額使い放題SIMシリーズを新発表 ―「月額定額980円」「月額定額1,980円」「月額定額2,980円」12月15日より同時発売 ―|日本通信株式会社 要約すると、 980円 - LTE/3Gで150kbps 1980円 - 1GBまで高速、以降150kbps 2980円 - 2GBまで高速、以降150kbps どのプランもTurbo Chargeあり、100MB/525円。SIMサイズは標準とmicro。縛りなし。12/15よりアマゾン、ヨドバシ、日本通信公式オンラインショップで購入可。 プラン変更がネットからでき、手数料もかからないとのこと。これはいいですね! さらに 先日の記事を書いた時点でイオンSIMが今回の1980円と同様のプランへ変更が可能になりました。まさにライトスタートプラン対抗だと書いたのですが、今回の発表では私にとってありがたい情報が含まれていました。発表から一部引用します。 月額定額使い放題SIMシリーズは、SIMビジネスにおける経験と実績に基づき、お客さまのニーズを3つのプランに凝縮した、当社が自信をもっておすすめする新商品です。「スマートSIM 980 Turbo」「Amazon.co.j…

続きを読む

データ通信用にAmazon SIMを利用中

現在利用中のデータ通信サービスのお話。 タイトルは厳密には正しくなくて、Amazon.co.jp限定で販売されている日本通信のSIMです。プランはLTE対応の高速定額(月500MBまで)です。ここではAmazon SIMと略させてください。 日本通信 bモバイル4G Amazon.co.jp限定販売 高速定額(500MB/1ヶ月)マイクロSIMパッケージ BM-AMFRL-500MBMposted with カエレバ 日本通信 2012-05-31 「日本通信 bモバイル4G Amazon.co.jp限定販売 高速定額(500MB/1ヶ月)SIMパッケージ」を購入して月に1983円を払って利用しています。(端数はユニバーサルサービス料の3円)以前はb-mobile Fairを利用していました(→その時の記事)。 契約の詳細について LTEまたは3Gで月に500MBまで使えるデータ専用のプランです。Amazonのみで販売していて、SIMが3150円で売られています。これが初期費用にあたります。だいたいどのMVNOも初期費用は3000円程取っていますね。 SIMは標準サイズのSIMとmicroSIMが購入時に選択できます.。 プランの変更はできず、一度利用停止をして再開することも出来ません。(盗難や紛失の際の利用停止はデータ通信を止めるだけで利用料金はかかります。日本通信のmypageで「一時中断」と表記されているものです。)利用を止めたいときは解約、再開をし…

続きを読む

FoxFiでらくらくテザリング

FoxFiというアプリを今日は紹介します。 FoxFi (WiFi Tether w/o Root) - Google Play の Android アプリ FoxFiとはテザリングを可能にするアプリで、rootの取得などが一切不要で利用できるというものです。アプリをインストールして、アプリから「Hot Spotをオンにする」という動作だけでスマートフォンがWiFiルータとして使えるようになります。詳しい設定・利用方法は後ほど記述することにして、まずは私の利用環境を明らかにしておきたいと思います。 利用環境 Hotspot化する端末: Galaxy S2 (Android4.0.3, docomo版GalaxyS2 SC-02C) つなぐ側の端末: Nexus 7 (Android 4.2) または iPad (初代, iOS5.1.1) 回線:b-mobile4G Amazon限定 高速定額SIM(アマゾンのみで販売しているdocomo MVNOの日本通信の回線、以下Amazon SIM。) 日本通信 bモバイル4G Amazon.co.jp限定販売 高速定額(500MB/1ヶ月)標準SIMパッケージ BM-AMFRL-500MBposted with カエレバ 日本通信 2012-05-31 Amazon AmazonSIMについては別の記事を書こうと思います。→書きました。 FoxFiがなぜおすすめなのか このアプリの意味について述べる必要が…

続きを読む

もっと見る