フレッツ光を100Mから1Gにアップグレードした

光回線のプランを少し変更した。現状の契約はそのままに、NTTの光回線の速度だけ上の1Gbpsにアップグレードした。料金は変わらず、プロバイダーも変わらず、引いてる光ファイバーの工事もなく、スペックだけ上がるというおいしい話。ただ光ファイバーの引き直しなどの工事はないが、契約者の手で機器の入れ替えと接続の設定が必要だった。無料だけど、少しハードルはあるかな。でもそこまで難しい作業ではないから、標準的な環境なら説明書を見てなんとかできるんじゃないかと思う。

切り替え作業の内容


光ファイバーの引き直しはないけど、機器の入れ替えは必要で何をしたか簡単に。今までは壁から出た光ファイバーをつなぐONU、そこからLANケーブルで繋ぐCTU、さらにCTUからLANケーブルを伸ばして接続するVoIPアダプタがあった。VoIPアダプタは電話機をつないでいた。ひかり電話のための機器だ。CTUは加入者網終端装置という品名で、フレッツ光や、ISPのIDとパスワードを入れてインターネットへの接続の設定をしていたところ。機能としてはほかにもひかり電話のためにも働いているのだろうけど、設定する側の目線ではインターネット接続の設定をしなければいけないところとして見える。CTUには無線LANルーターをLANケーブルでつないでいた(ルーター機能は止めて無線LANを使えるようにしていた)。

今回アップグレードで入れ替える必要があったのは、今まであったCTUとVoIPアダプタを、申し込み後届けられたホームゲートウェイなる機器に置き換える。この入れ替え作業は工事日にやらなければいけないとマニュアルに書いてある。機器の接続自体は難しいものではないが、インターネット接続設定に手間取ったのと、古い機器の初期化やサービスの切り替え完了待ちなどで、作業を始めてインターネットが再び使えるようになるのに1時間くらいはかかっただろうか。

接続設定で手間取ったのは、送られた機器の設定手順書があまりに簡単なもので、それだけでは不十分だったために何度か繰り返し、設定の仕方を変えてやっと終わるということがあったため。ホームゲートウェイの設定画面に入りISPの接続情報を入れるだけで完了だと手順書には書いてあったのだが、それではエラーが出てインターネットにはつながらなかった。仕方なく同梱された設定用CDを使い、設定作業をやり直すとISPの接続情報とフレッツの接続情報を入力して手順はあっさり完了。大きなトラブルではなくホッとしたが、手順書の説明が十分でないのには不満が残った。ホームゲートウェイの設定でフレッツの接続情報を入れればよかったのだろうけど、最初の設定画面からは求められなかったし、多くの項目がある設定画面からそこを見つけ出すのは難しすぎる。WindowsでLANポートがあるPCから付属のCDでできたからよかったけど、そうでなければ電話しないと解決しなかったかもしれない。ホームゲートウェイの説明書は入っておらず、ネットでダウンロードできるよとあるがそれが難しいんじゃないかと思った。

設定CDでは設定だけして、ツール類のインストールはすべてスキップして利用した。

手順書に用意するものとして書かれているLANポートがあるパソコンは、無線LANがあればそっちでもいいのか不明。最近は有線ポートのないノートPCもあるんじゃないかと勝手に心配した。

また無線LANについてだけど、手順書によればホームゲートウェイにカードを挿せば無線LAN機能も使えるようになるらしい。有料オプションの匂いがする。うちは使わなかったので詳細は知らないが。別の方が勝手にアップグレードできていいように思うけど、公式のオプションならサポートが得られて安心なのかな。


フレッツのアップグレードは古い100M契約の人は同じ料金で速い回線になるので、やれるならやっておいたらと思います。

1Gbpsにアップグレードして体感で変化はあるか


ない。でも速くなったというだけでうれしい。

しかし私が使っている環境では速くなってもいない。理由は無線LANがボトルネックになって、元の回線の速さを活かせていないから。

細かく速度比較したわけではないけど、アップグレード後有線接続したPCで速度を計ると650Mbps出ていたので明確に速度向上しているものと思う。100M契約のときに650M以上出てたとは思わないので。

私が実際に利用しているPCでは無線接続で、

flets1gbps_01.png

100M契約の頃に15Mくらい出ていて、1Gbps契約に変えてもほぼ同じだった。ということで無線LAN区間で頭打ちになっている。

タスクマネージャーで無線LANのリンク速度が見れる。だいたい48Mbpsだったり、36Mだったり。PC起動直後だともっと高めで繋がっているけれど、下がっていく。スタンバイ運用してるのでリンク速度が低い状態で使っていることがほとんど。ネットワークアダプタを無効化して再び有効にするとリンク速度は上がる。そのときに速度計測したのが次の画像。(1Gbps契約で)

flets1gbps_03.png

flets1gbps_04.png

リンク速度は135Mbpsで、37Mbps出ている。残念なことにこれで100M契約の計測をしてないので、ここでの速度向上があったかはわからない。ただまあ実用上はあまり意味のない比較にはなるだろうが。

無線LANの11ac導入を検討する


上の無線LANの接続はnで、ルーター側では300M、PCにつけてる子機の側では150Mが上限速度。実際に使用しての上限はさらに下で、これではどうしたって速さは感じようがない。ルーターは買ってから既に8年くらい経っているのではないかと思う。次の規格のacが出てからだいぶ経つし、そろそろ導入してもいいのかも。

ただ、PCは子機を新しくするにしてもそれ以外の端末でも使えないと意味が無いなと思う。PC以外で無線LANを使う端末はあり、スマートフォンやタブレットがそうだ。今持っているデバイスでac対応のものはない。それらがac対応のものになるまではわざわざ今買い換える必要はないか。

もう一つ懸念があってacの電波の飛びがどうなのかという点。2.4Ghz帯よりも障害物の影響を受ける5GHz帯で、自分の利用環境がルーターから少し離れているので、導入して実際速くなるのか確信を持てない。そこも気になる点。PCやタブレットでは接続が切れることはないが、アンテナが小さいと思われるスマートフォンでは電波の感度が悪く接続が切れることもある。2.4Ghz帯でもそうなのでacで大丈夫か不安になる。まあ最近のは進歩してたり、端末サイズ自体大きくなっているので、前より良くなっているかもしれないけれど。

世の中的にacの導入って進んでるのかな。nまでは必要とされたけど、acとなるとそこまで求められていないのかもとも思う。DVDに対するBlu-rayみたいな存在になってるのかなとか。良さはあるのだろうけど、絶対的に必要とされるかというとそうでもなく分かる人だけわかる存在みたいな。Netflixが高画質配信をプッシュすればacの需要も上がるのか、出るスピードに合わせて画質を変えるから不満を持ちようがないのか。どういうときにルーターって買い換えるのかな。

私はとりあえず、スマートフォンやタブレットがac対応が揃ったら考えるということになりそうです。(GoogleのOnhubって日本では出ないのかな?)


"フレッツ光を100Mから1Gにアップグレードした" へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。