「FlipFont Manager」というアプリを使ってGalaxyにフォントを入れてみた

以前Galaxyのフォントを変える記事を書いてます。このときは拾ってきたフリップフォントのapkをインストールするだけでした。

一般にフォントファイルは.ttfなどの形式で配布されており、Androidのrootを取った端末では入れ替えて利用できます。Galaxyではapkの形でインストールするフリップフォントという仕組みを利用して、rootを取らずに切り替えることが(完全でないにせよ)できますが、Galaxy用にapkにパッケージされているフォントは多くないです。フォントをダウンロードしてきて自作する方法もあるにはありましたが難しそうだったので試したことはありませんでした。

フォントファイルを指定すればアプリでフリップフォントのapkを作ってインストールしてくれる「FlipFont Manager」が今回公開されたので試してみることにしました。


TLで流れてきた作者さんのツイート。




FlipFont Managerをインストール



FlipFont Manager - Google Play の Android アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tetsu31415.flipfont

私のAndroid4.0.3のGalaxy S2でもインストールできました。

flipfontmanager01.jpg

フォントをダウンロード


GoogleとAdobeが共同開発したNotoを使ってみたいなと思っていて、何度か探したのですがフリップフォントのapkはなくて諦めていました。ということでダウンロードします。

が、結果から言うときれいに表示されませんでした。

ということで別のフォントを。

Android - Google Nexus シリーズのシステムフォントを Noto Sans Japanese にする - Qiita
http://qiita.com/habu1010@github/items/7fcb4dc259d63431fc10


ここの追記にあった源真ゴシックというのを利用してみます。

源真ゴシック (げんしんゴシック) | 自家製フォント工房からダウンロード。解凍します。

フォントを選択しインストール



解凍したフォントファイルをFlipFont Managerから選択しインストールしていきます。

フォントを選ぶ


flipfontmanager02.png
FlipFont Managerを起動したところ。はじめはどのフォントもリストに入っていません。フォントを選択するには「フォントを追加」をタップ。

flipfontmanager03.pngflipfontmanager04.png
フォントファイルのある場所まで行き、入れたいファイルをタップするとプレビューが表示されます。よければ「OK」をタップ。

flipfontmanager05.png
名称を自分で入れます。

複数選択しておけるので他にも試したいものがあれば追加しておきます。

次はインストール。フリップフォントのインストールにはあらかじめ提供元不明のアプリのインストールを許可しておく必要があります。

インストール


flipfontmanager06.png
インストールをタップ。

flipfontmanager07.png
フリップフォントを作りインストールしていきます。自動で行われるので数タップで終わります。

flipfontmanager08.png
「apkを生成中…」

flipfontmanager09.png
インストール画面。

flipfontmanager10.pngflipfontmanager11.png
二度目以降は上書きとなるのでこのような表示がでました。OK。インストール。

完了するとFlipFont Managerに戻ってきます。

フォントを切り替える


flipfontmanager12.png
左下のフォント設定をタップ。設定画面が開きます。

flipfontmanager13.png
フォントスタイルを開き、切り替えます。

flipfontmanager14.pngflipfontmanager15.png

終わるとまたアプリに戻ってきます。フォントが変わったのがわかるでしょうか。

flipfontmanager16.png

フォントを比較



ホーム画面&設定画面で比較します

RobotoCondensed Regular


flipfontmanager_roboto1.pngflipfontmanager_roboto2.png
RobotoCondensedは日本語はないので日本語部分は標準フォントで表示されています。英字のアプリ名などは幅が狭いです。かなり気に入っています。Regular。

GenShinGothic-P-Light


flipfontmanager_genshinpl1.pngflipfontmanager_genshinpl2.png
長いアプリ名の場合省略がうまく行っておらず豆腐になってます。Lightにしたので細い。線の太さが安定しないように見えることも。解像度(というかPPI)が低いハード側の問題で、高解像度のディスプレイなら綺麗に見えるんじゃないかな。

Noto SansJP-Regular


Google Noto Fonts
https://www.google.com/get/noto/

Notoフォントのサイトから「Noto Sans Japanese」をダウンロードして、.otfファイルをFlipFont Managerでインストールしました。うまく行かなかった結果がこれです。

flipfontmanager_notojp1.pngflipfontmanager_notojp2.png

右上の時計が数字が下がってしまっていたり、ウィジェットの天気のアイコンが小さくなってしまったり、アプリの名称の上下の位置がずれたり。長いアプリ名で豆腐が出るのはこちらでも。設定画面でも項目の高さが変わってしまったり。

otfファイルだとダメなのか、よくわかりません。

感想


フォントファイルを手に入れれば、気軽にパッケージ化できて、フォント入れ替えが簡単にできるようになりました。Galaxyユーザーとしてはうれしいですね。フォント選択も楽ですし、複数追加できたり、ほとんど自動で進むし、設定へもショートカットで飛んで行くしと、すべての作業を楽にできるように考えられたすごくいいアプリだと思います。

とりあえずはGenshinGothicで過ごして、また飽きたら変えてみようと思ってます。

"「FlipFont Manager」というアプリを使ってGalaxyにフォントを入れてみた" へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。