IIJ、「みおふぉん」発表!春のサービス向上大発表祭り!

miophone_pressrelease.png
IIJ、個人向けデータ通信サービスで音声通話機能付きSIMカード(みおふぉん)の提供を開始 | 2014年 | IIJ
http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2014/0307.html

えー、私が愛用していますIIJmioがついに音声通話サービスの提供を発表しました。ほかにもサービス条件が変更になりました!

発表内容と、これを機にiijmioに感じていることを書いてみました。

では順に見て行きましょう。

みおふぉん!


ついに、ですね。

IIJmio:音声通話機能付きSIMカード提供開始のお知らせ
https://www.iijmio.jp/info/iij/20140307-3.html


以前こんな記事「BIGLOBEが1GB980円の格安プランを発表&MVNOの音声通話に期待したい」も書いてました。MVNOでも通話もできたらいいのになーなんて思っていたし、IIJで音声通話追加されればいいのにーと思ってました。そういう声も結構ありましたし。やっとかとも思うし、おお!と驚いたのもあります。


みおふぉんの詳細

中身について。基本的には発表資料を見ればわかりますが簡単に。

サービス概要 - プラン・料金
https://www.iijmio.jp/hdd/service/voice.jsp

こちらも参照するとわかりやすいかと。

音声通話機能が1080円で+データ通信の料金。通話料は21.6円/30秒。無料通話分はなし。

SMSの送受信機能も含まれている。 留守電機能はないですが転送電話は無料で利用できるようです。

MNPの転出が可能。MNPの転入は新規契約の時のみ可能。

MNP対策として最低利用期間・音声通話機能解除調定金がある。解除調定金は1年以内の転出にかかり((12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,080円)、最低利用期間はひと月。データ通信に変更する場合は解除調定金はなし。


データ通信の契約とは異なり契約には本人確認が必要です。本人確認書類を撮影しアップロードするそうです。手間が増えますが法律で決まっているので仕方ないですね。

通話オプションの解除はSIMの変更が必要で、必然的に電話番号が変わります。再度通話オプションを契約しても同じ番号はなることはないと思います。通話の契約を切り替えることは少ないとは思いますが、できることなら番号は維持できたらいいのに。

みおふぉんに思うこと

安くはないですね。MVNOというと安いイメージがありますが、通話に関しては基本使用料も通話料金もドコモと同じレベルでした。
通話料は高いなと。無料通話もないし。日本通信のガラケーSIMは安かった印象あり。ドコモから借りているからIIJ側の問題ではないが、Line電話の発表後だとなんでこんなに高いんだと。MNOはずっとこのままの料金を維持するのだろうか。。。IP電話を勧めているMVNO事業者がいることもあり、やはり高いと感じざるを得ない。既存の電話番号を利用して発信できるLine電話や楽天電話は利用できるのだろうけど。

LINE、固定電話へ通話できる電話サービス「LINE電話」を提供 - ケータイ Watch
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20140226_637046.html


また、今のところ1900円(税込み2052円)からの利用になってますが、今後データなし通話のみのプランは出るんですかね。

サービス向上



IIJmio:サービス仕様改定のお知らせ(IIJmio高速モバイル/Dサービス)
https://www.iijmio.jp/info/iij/20140307-2.html


クーポンの容量がミニマムスタートプランが500MB → 1GB、ファミリーシェアプランが2GB → 3GBにそれぞれ増加。 ありがたいっすね。特にミニマムスタートの1GB化はbiglobeからの流れをすぐにフォローしましたね。

ほかライトスタートプランの低速時の規制対象が3日あたり120MBの利用 → 3日あたり366MBへと緩和。

改めてIIJmioのいいところ


私がIIJmioを使い続けている理由です。

クーポン制度

高速通信できる容量がクーポンとして使え、on/offをユーザーが切り替えることができる。これはIIJmioの強みだと思います。高速で使いたい時、低速でもいい時というのがそれぞれあり、容量をセーブしながら使えるのはユーザーにとって安心が得られる。重要なポイントだと思います。

クーポン繰越

クーポンの残りは繰り越して使える。クーポンの有効期限が2ヶ月ということになってますので、余った場合には翌月に多く使ってもいいし、プランを切り替えて料金の節約をしてもいい。これもユーザにとってメリットが有ります。見えにくいポイントですが、他社と比較した場合の大きなアドバンテージだと思います。ひと月何GBでいくら、と比べただけでは見えない。

ocnが優れていた1日30MBのプランも繰り越せないからこそ実現できた料金だったわけで。

ちょっと言いたい


いいところもあれば、そうでもないところもあるよね。

ちょっとした不満

1枚単位でSIMの追加ができない。厳密にはできるけど、ファミリーシェアプランになってしまう。1枚400円くらいで追加できたらいいのにな。3枚までだし。

SIMの切り替えに交換手数料がかかること。最初からSIMだけは通話用のSIMで、通話のオプションを契約するかを選べる&SMS機能を利用するか選べると便利だと思うんだけど。仕様上しょうがないんですかね。

ちょっとした要望

願望と言ったほうがいいですかね。擬似的に1日30MBとかの制限をつける、管理機能があるといいなと。クーポンのon/offをプログラムできれば面白い。APIを利用したアプリ経由でもできるのかもしれないけど、IIJ側のサーバーで制御できたらいいかも。

感想


意外と早く実現して驚きました。しかもクーポンの増加まであって盛り沢山な発表で久々にわくわくしました。利用形態を変更するかは決めていませんが、今後もIIJmioユーザーであることは変わらないのでよろしくと言いたいです。

それでは。



"IIJ、「みおふぉん」発表!春のサービス向上大発表祭り!" へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。