Twitter公式の共有ブックマークレットがなくなったので代わりを使う

Twitterに見てる記事などを共有しようとしたときに使っていたブックマークレットがTwitterの公式的には扱いを終了していました。そこで別のブックマークレットを使うことに。

以前このような記事を書いたこともあったのですが

Twitterの共有ブックマークレットをHTTPSなサイトでも使えるように: DNAが支配する世界


この時はHTTPSのページでページタイトルを入れてくれないことが多くて少し手直ししたり、公式もその後変更してあったという話でした。あまり使う機会も多くはなくなっているのですが、少し前からページタイトルが取れなかったりということがHTTPSに限らず起きて不満を持ったので新しいブックマークレットを公式で配布してるんじゃなかろうかと見に行ったところ、Twitterはブックマークレットの配布は終了してしまったようです。いろいろ探しましたがどうにもない様子。その探してる途中に非公式ではあるもののブックマークレットを作って供している方がいたのでそのページを紹介します。

非公式のブックマークレット


ツイートボタンがないページでもツイート画面を開くブックマークレット - Qiita
https://qiita.com/munieru_jp/items/24a4840c452c61c2dde9


私は「新規タブでツイート画面を開く」を使っています。小窓は閉じ忘れて溜まっていることがよくあったのでタブにしてみましたが、タブはタブでタブバーの領域を使う、埋もれるといったこともあるように思います。

私はJavascriptを書くことはできませんが、コードを読んで見た限りどこか外部と通信はせず、ただブラウザ上でページタイトルとURLをtwitterの投稿ボックス内にコピペし新しいタブや新しいウィンドウとして開くものになっているみたいです。ページタイトルが取れないということもなく軽快に動きます。


ほかの共有方法

公式のブックマークレットがうまく動かなかったときに代わりの方法として使っていたのが、ページタイトルとURLをクリップボードに入れれる拡張機能の類を利用してTwitterのサイトに張り付けるという方法。そういう拡張機能をブログを書くときなどに使っているので、そちらの方法も手に馴染んできました。私はFirefoxなら「Make Link」「Format Link」、Chromeなら「Create Link」といった拡張機能を使ってます。


たまにブラウザでウェブページを共有するときにはこれで十分な気もしています。Twitter自体見る機会も投稿する機会も減りましたし、投稿するにしてもスマホやiPadなどから共有メニューを介してアプリから投稿することが多いです。そんな中にあってPCのブラウザにブックマークレットを登録してまで使う人は多くないでしょうね。


まとめと感想


Twitterが頑なに共有拡張機能を作らない理由はなんなんでしょうね。PocketやInstapaperみたいなのはもちろんPinterestやTumblrでも作ってますし、

Facebook、「シェア」と「保存」のChrome拡張機能を個別リリース | アプリオ
http://appllio.com/20160629-8321-chrome-extension-share-to-facebook-and-save-to-facebook


Facebookですら2016年に公開しています。もちろん、広告企業としてユーザーのアクセス履歴を集めるためにはページにボタンをつけてもらうことが重要ですが、便利にしないとユーザーのエンゲージメント下がっちゃうんじゃないですかと思ってしまいます。

Twitterの価値はリアルタイム性だと思っていますが、何年もずっとそれを捨ててFacebookになりたがっているように見えます。とりあえずはつぶれないでと祈りつつ2018年の最初の投稿とします。


この記事へのコメント