Spotifyの招待コードが届いたので登録して、聴き始めた

Spotifyが国内ローンチ発表会を開いた直後の9月29日16時~17時の間くらいにリクエストをした招待コードが、ついに届きました。リクエスト時に入力したメールアドレス宛に10月9日の16時過ぎに招待コードを書いたメールが届きました。

招待コードの申込み



無料で4000万曲が聴ける「Spotify」が日本でサービス開始 - ITmedia Mobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1609/29/news084.html


たしかこの記事を見てすぐにメールアドレスを登録した。Spotifyのページにあるフォームにメールアドレスを入れてリクエストボタンを押すだけ。招待制はどれくらい続くんでしょうね。

spotify_launch_01.jpg

spotify_launch_02.jpg

こんな感じで届きました。

あとは登録なんですが、ブラウザでやってたらユーザーネームで悩みすぎたせいか、ユーザーネームが他の人に使われているかどうかの判定が止まってしまい登録できない状態になってしまいました。なので、iPhoneアプリからアカウント登録しました。


招待コードが届かないかやきもきしてるとき、Twitterで検索するとDJとかが招待コードを配布するのを見かけました。急いでいる方はそういう人の案内を探してリクエストするとすぐに貰えるかもですね。私はヤキモキしながらもじっくり待つと決めていたのでそういうのは見るだけでやり過ごしてしまいましたが。リクエストする場合もくれぐれも偽の情報を盗むようなサイトではないことを確認してメールアドレスを入れたほうがいいですよ。

Freeプランについて


有料プランの無料期間ではなく、無料のプランがあるのがSpotifyのすごいところ。もちろん広告は入るし、制約もありますが使ってみたくなるじゃないですか。ということでFreeプランでしばらく利用してみようと思います。以下はほんのすこし使った感想です。

再生

シャッフルのみ。ただしアーティストを選んでのシャッフルもできるし、そのアーティストのアルバムを選んでのシャッフル再生もできる。


spotify_launch_play_07.png
広告ではないのだが、アルバムのシャッフルを聴いていて気付いたのが、アルバムにない別の曲を挟まれていた。これがどれぐらいの頻度で出てくるものなのかまだ分からないが10曲は聞いてない段階で同じアーティストの別のアルバムの曲が「おすすめの曲として再生」されていた。同ジャンルの別アーティストの曲が2曲おすすめからの再生が続くこともあったし、5曲に1回よりも高頻度かもしれない。

通常は「アルバムから再生中」と出る。
spotify_launch_play_08.png

全然アルバムシャッフルなのにアルバムの曲が始まらなくなってきた。全然アルバムの曲リストから減っていかない。



再生時間はスマートフォンのアプリなら無制限で、PCやタブレットでは「最大15時間/30日」。

スキップはスマートフォンのアプリなら「1時間に最大6回」。


ブラウザから利用するwebプレーヤーはサイトのアドレスが、登録時のものとは違うので注意。あれここじゃ再生できないぞなんて少し悩みました。
Spotify Web Player
https://play.spotify.com/


www.のサイトと違うので再度ログインを求められました。ラジオが文字化けしてたり、再生できないのは一時的な不具合か。open.spotify.comでも日本は提供国ではないみたいに出るので、正式にサービスインしていないという形なのかもしれない。

Webのプレーヤーはシャッフル強制のiPhoneアプリと違い、フリーでも15時間は好きに使える感じみたいですね。Webも曲指定の再生はできないのかと思ってました。シャッフル強制がない代わりに時間の上限があるっていう仕組みのようです。


あとPCでもクライアントソフトも提供されてるみたいです。


細かいことはヘルプなどでチェックしてみてください。

サポート - Spotify
https://support.spotify.com/jp/

スマホでSpotify Free - Spotify
https://support.spotify.com/jp/account_payment_help/subscription_options/spotify-free-on-your-mobile-phone/


歌詞


spotify_launch_lyrics_03.pngspotify_launch_lyrics_04.png

対応していればアルバムアートの画面に歌詞があるよって出て、タップすると歌詞画面へ。自動スクロールは対応しているものをまだ見ていない。


歌詞は正直ほぼ興味ない。歌詞まで見たい曲はお気に入り中のお気に入りの中でも上位くらいでなければ見ないと思う。極端に言えば曲調にあってれば何書いてあってもいいくらい、個人的には興味がない。だけど検索して見ないでもいいのは便利だと思う。年間10回くらいの手間は省けるかもしれない。あとは何もやることがないときの暇つぶしにはなるかもしれない。電車で座っていて曲は聞いているけどゲームやニュースなど何かしたいこともなく、ずっと前を見てるのもなんとなく避けたいそんな時には。

広告

spotify_launch_ads_05.pngspotify_launch_ads_06.png

少し聴いていたら広告の声が。この動画を見たら次の30分は広告なしで聞けますよという音声を含んだ広告が出てきて、その時画面(再生中のアルバムアートの部分)に広告の説明と動画を見るボタンが出てて押すと、コカコーラの動画広告が始まった、終わると初めと同じ女性の声で、気になったらここをタップして更に広告(ここではコカコーラ)について見てみようって音声の説明があった。ここから30分音楽を楽しんでと言うような内容があって、それまで再生していたアルバムに戻った。

正直なところ、この広告は別に嫌じゃなかった。もちろん音楽の間に音声で広告が急に始まる(あえてここで急にと書いておきたい)わけで、体験としては邪魔をされているんだけれどもFreeの制約としては仕方ない。し、十分考慮されているのだと思う。動画広告を見るのはこちらが見てもいいよと操作をしたあとで、広告自体が入っているわけではない。Youtubeの広告は再生時に差し込まれている感じや、音の大きさが大きいと感じたり、テンションが高すぎて、不快に思うことがある。このSpotifyの広告は落ち着いた女性の声で聞こえてきて、更に他社の動画広告を見るかはこちらに委ねてくれる。広告主への印象は悪くならないよう設計されているのではないかと思う。その後BoseやKitKatの音声だけの広告も入ってきた。それらは案内はなかったが、男性の声女性の声でどちらも落ち着いた調子でそこまで不快さはなかった。音量もちょうどいいのではないか(僕としてはもう少し小さくてもいいが、内容が聞き取れなければ意味がないだろうから)


もちろんSpotifyを使い始めでアプリを使うのが楽しくて広告も試しに見ているという部分があるので、今後広告に聴き慣れて鬱陶しく感じていくのかもしれない。またサービス自体もこのままの形で永遠に変化しないはずがないので、印象が変化していくこともあるだろう。そのあたりは私の感想と割り引いて読んで欲しい。

まとめ


おすすめで自動割り込みしてくる曲もセレンディピティとして評価できる、部分もある。だけど、多すぎる気がしなくもない。これが特定の曲を聞く妨げとして感じられるなら、有料でなら自由に聞かせてあげるから加入してねってことなんだろう。

プレイヤーの出来はやはりこれまで既に世界で経験を積んでいて、人気のあるサービスだけにかなり整っている。洗練されている。サービスの設計からUIなどすべての領域に目が配られているように感じた。以前使ったGoogle Play Musicのサブスクリプションよりもいい体験が実現できていると思う。あとは音楽のカタログが個々人にとって満足できるかどうか。気になるのはそこくらいじゃないか。

少し不満なのはタブレットからの利用がFreeでは限られているように見えること。まだ試せていないが上限があるのだとしたら、スマートフォンよりタブレットの利用度が高い自分としては結構制限を感じてしまうな。iPhoneアプリと変わらないように思うのだけど違うのかな。

まだ触り始めた段階なので、いろいろ使ってみてまた気がついたことがあれば書きます。


最後に、BTのElectronic OpusはKickstarterの支援者を除けばダウンロード販売のみでしか提供されていなかった。それが今回CDとBlu-ray Audioとして一般販売が始まった(日本はこれから)。まずはぜひSpotifyで聴いてみて。

Electronic Opus
Electronic Opus
posted with amazlet at 16.10.09
Bt
Black Hole Nl (2016-10-07)
売り上げランキング: 82,560


この記事へのコメント