knogのベル「Oi」が日本の店舗でも購入可能に

なるようですよ。

発売は9月下旬、価格は2300+税。

ノグ Oi スマートなルックスと美しい音色を追求した新基軸のベル | cyclowired
http://www.cyclowired.jp/lifenews/node/207763

【自転車ベル界にイノベーションを起こす!】Knog新製品プレゼンテーションで『Oi』を見てきたYO! : サイクルガジェット ロードバイクが100倍楽しくなるブログ
http://www.cycle-gadget.com/knog_presentation_oi.html


Kickstarterでプロジェクトが発表された時から気になっていて、kickstarterで支援者にはならなかったものの欲しいなあと思っていた。製品が出た段階でどこかオークションなりフリマアプリや何ならアマゾンで売るようになるんじゃないかと思って、たまたま数日前にAmazonを検索したら製品ページがあって(今は消えてしまった)、5000円弱で販売予定となっていた。「これじゃあ高いな、1000円台か2000円台じゃないと。かっこ良くても結局のところただのベルなんだし」なーんて思ってたら、そのすぐ次の日くらいに日本で代理店が製品を取り扱い、販売されるっていう話が出てきた。

9月下旬で2500円弱なら買っちゃおうかな。




knogは自転車のアクセサリーのなかでも特にライト(ハンドルに巻くシリコンの)のイメージのブランドでした。Oiのプロジェクトを見て初めて知ったのですが、knogはオーストラリアの会社なんですね。

発売されるOiのカラーバリエーションは、ブラック、シルバー、ブラス、カッパーでベル自体の素材はアルミニウムとのこと。アルミなら錆びる心配も不要なんですかね?サイズは22.2mm径のsmallと31.8mm(23.2、25.4、26mmにも対応)のlargeの2種類。ケーブルを通す溝があるのはさすがですね。

私が買うとしたらサイズはLarge。自分の持ってるロードのハンドルは26.0mm径で、家のシティサイクルのハンドルは22.2mmだった。おそらくスポーツサイクルなら基本Largeを買えばいいと思う。心配だったら測ってから買うといいんじゃないかな。私も一応ハンドルはメジャーで測ってみた。巻いて周長を測ってそれを3.14で割ってみればおおよその数値が出る。ノギスを持ってればこの手間はいらないけどね。


knog-oi01.jpg
色は悩むところでカッパーかブラックかな。ゴールドっぽい色のブラスも悪くない。シルバーはそのまんますぎて安っぽく見えるかなと思って選ばないつもりだ。シルバーとあまり変わらないチタニウムの色はよさそうだと思っているが発売はされない。黒は単体ではかっこよく見えるけど黒いハンドルにつけたら存在が目立たなくなりそう。でも色のあるものは自転車の色との組み合わせで似合うかどうかがありそうで…なんて考えていると決まらない。

一度店頭で色や質感を見てみよう。今悩んでいてもしょうがない(それが楽しいのだけど)。でも多分どれかは買うと思うな。



※10/12追記
発売が延びてましたが、10月下旬の発売になりそうです。

DIATEC 2016
http://diatechproducts.com/news/2016-1010.html



※10/28追記
Amazonや楽天で商品が掲載され始めましたね。


【楽天市場】knog oi(自転車|スポーツ・アウトドア)の通販 / Yahoo!ショッピング


Amazonでは既に類似品も出てますね



※12/9追記
今までアマゾンでの取扱はマーケットプレイスでの出品でしたが、出品者にAmazon.co.jpもあるみたいですね(この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送)。今の時点では在庫ありではないですが、8~12日で発送となっています。



出品者がAmazon.co.jpの「knog oi」


この記事へのコメント