調子が悪くなったマウスを一時的に治す方法

dellmouse01.jpg

数カ月前から私のマウスの調子が悪くなってきました。具体的にはマウスの左ボタンの利きが悪くなってきて、シングルクリックがダブルクリックになったりドラッグが途中で放したことになってしまい失敗するといった感じです。いわゆるチャタリングですね。意図した動作が何度か失敗するだけでかなりストレスを感じます。

4年以上前に購入したデスクトップの付属品で、おそらく安いものですから十分に働いたと思います。しかもまだ完全に壊れたわけではないですからね。

さて、この問題対処できます。ボタンが使えないわけではなく、またPCを再起動すると少しよくなったりしたことでまだ使えそう。物理的に壊れてしまったというよりも、スイッチの電気的トラブルのように見えます。

いくつかトライする



再起動は治す方法として有効かなと始めは思ったのですが、必ず治るわけではなく中途半端な結果。しかも毎度やるのはかなり時間を使うので面倒です。


ケーブルを抜く、は再起動よりも改善しないことが多かった。


最も有効だったのは、ケーブルを抜いて10回くらいボタンをカチカチしてから挿し直すでした。

これでほぼ必ず問題は消えます。ですが使っているうちに問題は復活します。ほんとに一時凌ぎです。それでも対処法があるのは、ないよりはいいよね。


ほかにも方法はある



マウスを分解して問題のスイッチ部分の掃除なんかをすると根本的によくなるのかもしれない。スイッチ部品を交換してみるとかね。私は壊してしまいそうなのでやらない。

ソフトウェアでマウスのチャタリングを打ち消す事もできるらしい。が、試してはいない。


最後に最も確実な方法。買い替え。もう買ってます。



この記事へのコメント