Google KeepがiPhone/iPadで使えるようになってうれしい

googlekeepios01.jpg

ちょっと前に出たiOS版のGoogle Keep。長い間切望していたアプリが遂にiOSでも。出た当日インストールして使ってます。

Androidで出た頃から使っていて、ChromeアプリでWindowsでも1アプリとしてタスクバーに置いています。そしてiOSのiPhone, iPadでも使えてすべて同期されています。ちょっとしたことをメモしておくのに本当に相性が良くて、気軽に使えます。タスク機能も入ってますが、ほぼ使わずとにかくメモとして使っています。

手軽なメモとして


私はカレンダーとかタスクは合わなくて、一度使い始めてもすぐにアプリを開かなくなってしまいます。決まった型に入れれるものばかりではなく、2, 3行の文章を書いておきたい場合もあります。keepは一言でも長い文章でも気兼ねなく書いておける自由さと、すぐに起動してすぐ入力して閉じるだけの簡単さがあって、いつまでも使いたいと思わせる。他のアプリだったら開くのが億劫になって離れていくのに。

たぶん私はスケジュール帳とかtodoアプリとかに向いてない人間なんでしょうね。私みたいな人には、keepを使ってみるといいんじゃないかと思います。

サイクルメーターで1日の走行距離を、メモするのにも使ってますよ。ロードバイクに乗る時もスマホは持っていて、家についた時さっと開いてさっと保存できる。

同期できるテキスト保存のサービスとしてEvernoteもアカウントを持ってますが、使いやすいと思ったことはないですね。機能があり過ぎるし、アイテムはいくらでも保存できても見つけやすいと思わないし。メモ書くのにWordを使うわけないじゃんくらいEvernoteは使わない。もう編集しないテキストの最終地点として使ってはいます。ごくたまに記事のクリップをしたり、ブログの下書きを一応入れておいたり、Twitterのログを保存したり。

ブログのネタ、下書きに


ブログに何書こうかと考えるのもKeep上でやってます。はじめはひと言でネタをメモしておいて、書きたい点を3つくらい並べて。そこで膨らませて。最終的にここに書く。うまく行けばこのような手順でブログが書けるはず。だけど…。

まあネタのメモとしてホコリかぶるものもあれば、タイミングを逸して現実が変わってしまう場合も。またネタひと言ですぐにブログに書けちゃうこともあれば、膨らみすぎてブログに書くにはエネルギー足りなくてどんどん後回しになるものも。

前は(今も少しやってますが)PCでテキストファイルに書き出していたり、同期できるならとEvernoteを試してすぐやめて。その後Dropboxでテキストファイルを同期するのは長い間使っていました。タブレットとPCで同期して。今でも使えるようにはなっています。文字コードの問題だったり、使い勝手や信頼性で、始めるにも手軽ではないし快適ではなかった。iOSでもKeepが使えるようになって、長文をそれほど書かないのであればGoogle Keepが一番手軽なクラウドメモ帳として使えるのではないかと。

最終的な文章に近い長めの下書きはあまり向かないかな。AndroidやiOSならアイテムの長さがある一定以上は省略されるけど、Chromeだと全部見える状態なので長文を書くとそれだけ長くなってしまって他のものが見難くなる。すぐに記事にして消すならいいけど、しばらく留まると使い勝手が落ちるかな。

メモくらいに思って使うのがいいと思う。どのデバイスでも使えて、すぐに同期されて、ポップな見た目でとっつきやすい。気軽に使えるいいアプリだと思います。一つだけ不満を言うと、最近のGoogleのiOSアプリはアイコンが白背景が多くて嫌いです。ホーム画面を醜くしているのでやめて欲しい。


iOS https://itunes.apple.com/jp/app/google-keep-sii-fuitara-dokoniitemomemo/id1029207872?mt=8

Android https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.keep&hl=ja

Chrome https://chrome.google.com/webstore/detail/google-keep-notes-and-lis/hmjkmjkepdijhoojdojkdfohbdgmmhki?hl=ja

Web https://keep.google.com/


この記事へのコメント