Chromeの内蔵プレーヤーで再生してるmp3ファイルを保存する

chromemp3download01.png
超小ネタ。

.mp3のファイルをChromeで直接再生することができるんですが、そのファイルを保存したい場合どうするかの話。保存できるはずなんだけどうまくいかない時もあるんだよなあと思ってて今回しっかり確認してみた。

環境はWindows10で使ってるChrome(バージョン 46.0.2490.80 m (64-bit))。

ここで右クリックすれば保存メニューが出る



.mp3で終わるアドレスを開いている場合は黒背景にプレーヤーが中央にあります。

chromemp3download02.png

右クリックしました。保存メニューは出ませんでした。(例1)

chromemp3download03.png

右クリックしました。保存メニューが出ました。名前をつけて動画を保存でmp3ファイルの保存ダイアログが出ました。(例2)

chromemp3download04.png

いろいろクリックしてみたところ、マークしたあたりで「名前を付けて動画を保存」出ることがわかりました。

ですがアドレスが.mp3で終わる直接mp3ファイルを開いてる場合は例1の「名前を付けて保存」でもページのhtmlファイルじゃなくmp3ファイルが保存されます。ここは勘違いしてました。

html5の埋め込み再生の場合

さてhtml5でaudioタグを使っていると思われる、ページ上にChromeのメディア再生機能でプレーヤが出てる場合について。

上と同じく右クリックする位置で出るメニューが変わります。

chromemp3download05.png

バーの辺りでは「名前を付けて保存」。(例3)

chromemp3download06.png

ボリュームアイコンの辺りでクリックしてみたら「名前を付けてオーディオを保存」と出ました。(例4)

「名前を付けて保存」と出た例3の場合は保存されるのはページのhtmlファイルでした。例4ではmp3ファイルのみのダウンロード保存されました。というわけでマークした辺りで右クリックした方が直接保存できていいみたいです。


動画の場合はプレーヤーだけでなく動画上で右クリック保存ができるので気になりません。音声だけの時はちょっとだけ注意しよう。という自分が忘れないために書いた記事でした。




この記事へのコメント