お風呂のお供はタブレット、風呂タブにはジップロック

ziploc01.jpg

スマホ・タブレット周りの小物紹介が続いていますが、今回も小物です。

Ziploc(ジップロック)です。あまりに有名で、ジップロックでないものまでジップロックと言っている気がします。類似品も含めた総称はなんて言うんですかね。

ジップロック(ファスナー付きビニール袋)の事をなんと呼びますか?我が家では、「パッチン袋」と呼びます。|質問・相談が会員登録不要のQ&AサイトSooda!(ソーダ)http://sooda.jp/qa/51191
ジップロックタイプ又はスライドジッパータイプのビニール袋 【OKWave】http://okwave.jp/qa/q5718680.html


ジップロック以上に通じそうな一般名称はなさそうです。


お風呂のお供にタブレット


初代iPadを買ってしばらくはお風呂に持ち込んではいなかったです。スマホになる前から風呂にケータイを持ち込むという人がいるのは知ってましたが、そういうタイプでもなく。高額の電子機器をわざわざ持ち込んでまで使いたいかと問いかけ、そんなことしなくてもいいよと思ってました。ですがiPadを使っているうちに生活の隅々までタブレットが活動領域を広げてきて、自然に風呂にもと考えるようになりました。

商品紹介



Ziploc大(27.3cm×26.8cm) 12枚入り。たしかこれで300円くらいだったんじゃないかなあ。

ziploc02.jpgziploc03.jpg

iPadとNexus 7はこれに入れて使ってます。この箱でジップロックを買ってからもう3年位経ってると思うけどまだ4枚くらいしか使ってないはず。毎日使うわけじゃないですし、無理な使い方はできるだけ避けてますが、かなり丈夫なんだと思います。

ジップロック フリーザーバッグ 大12枚入
旭化成ホームプロダクツ
売り上げランキング: 8,117


この記事書いてる段階でamazonでは222円(あわせ買い対象)でした。スーパーやホームセンターなら割とどこでも買えるんじゃないですかね。


弱いのは角や縁の部分。そして爪やどこかにぶつけたときに穴が空くかな。染みたら即捨てます。



ziploc04.jpgziploc05.jpg

スマホは家にあった適当なZiplocではないものに入れてます。スマホよりタブレットのほうが頻度は多いです。


タッチパネルの反応は水がかかると誤作動する場合があります。画面にフィルムを張っている場合は水滴による誤作動が少ない印象がありますが、機種による差かも。

風呂で何をしているか


基本となるのは音楽ですね。ミュージックビデオをYouTubeで見るのも含め、動画を流し眺めるということもあります。しかし風呂で動画をしっかり見るというのはあまりしません。湯気で曇ってくることもあるし、風呂から出たくなるタイミングが動画のいいところに重なると選択を迫られるから。見るのをやめるかのぼせるのを我慢するかどちらかに妥協しないといけない。どっちでもいい小さなことだけど、音楽のほうがもっと気楽ということで音楽を聞くのがやっぱり基本になる。

流すものはネットラジオもあれば、ライブラリ内の曲もあれば、ミュージックビデオもあれば、Podcastもあるといった感じ。




音楽をただ流しているだけの時もありますが、手元にデバイスがあれば何かしら触っていることが多いですね。twitter見たりフィードリーダを見たり。あとで読むの消化とか。ほかにもその時したいことをしてるんじゃないですかね。時間つぶしなので大したことはしてません。

風呂で暇つぶしができることの良し悪し

個人的には風呂の時間ってめんどくさいなって思ってた。入るとやることがないからぼーっとしてるだけだった。それがタブレットやスマホを持ち込むことで何もすることがない状態からすることがあるようになり、入っている時間が少し伸びました。

そういう生活になってみて思うのは、家中ネットが出来てそこから離れている時間が寝ている間以外ないなということ。風呂で何もすることがない時間は自らを省みる一日の反省の時間になっていた。そんな時間が強制的にあったのに今では違ってしまっている。

今でも毎日欠かさず持ち込んでいるわけではないけれど、ネットから距離を置くには意思が必要になってきてきているなと感じる。スマートフォンやタブレットでいつでもどこでもネットできるようになっている。時代の大きな流れに私も飲み込まれている。個人の意思で何をするかは決められる。風呂に持ち込むかだって個人の選択の話だし、一日どれくらいタブレットやスマートフォンを利用するかも個人の選択だ。だけどどこでもいつでも利用できるようにデバイスや利用環境が変わってきた中で、昔なら自然と置けていた距離が「距離を取る」と意思を持って決めないと距離を取れないくらい生活に浸透してきた。その実感をこの「風呂でタブレットを使うこと」によって気付かされた。

説教臭くなってしまうが、自省する時間はたまには必要だと思う。



風呂でタブレットを使うとこんなことを考えるきっかけにもなるかもしれない。

時間を何に使うかはあなたで決められる。どう使うかはあなたが決めればいい。


この記事へのコメント