iOS 8リリースで明暗分かれたMVNO&IIJmioがクーポン倍増

iOS8-OTA.png

iPhone 6発売前日の今日9月18日※に世界中で配布が始まったiOS 8。MVNO各社にとっても決して無視できない端末であるiPhoneやiPadの挙動を変えうる重要なもの。対応状況を確認し情報をいち早く提供してくれたIIJmioと、リリース前にアップデートは動作確認後まで控えるようにとリリースを出していたmineoの2つのサービスについて、私がどちらも契約していることもあり、取り上げて書いてみることにします。またその後発表のあったIIJmioのサービス内容変更についても。


※時差の関係上日本では前日のリリースですが、アメリカでは発売の2日前に当たります。

IIJmioとiOS 8


IIJmioは朝の段階で動作確認を終え情報を公開していました。iPhoneでもテザリングが可能になったとのこと。ベータ版やGM(ゴールデンマスター)版のiOS 8ではMVNOでもテザリングができているという情報が出回っていて、それが本当だったといううれしい形での仕様変更。IIJmioに限らずドコモのネットワークを利用しているMVNOは総じてテザリング可能になったようです。




iPadでもプロファイルをダウンロードしてインストールし再起動すればテザリング可能なようです。

ほか詳細な解説は公式ブログてくろぐにて。

てくろぐ: iOS 8.0とIIJmio iPhone・iPad全機種動作確認
http://techlog.iij.ad.jp/archives/1212


mineoとiOS 8



mineoユーザーサポート|お知らせ|詳細
http://support.mineo.jp/news/224/


mineoからの「【重要】 iOS 8での利用不可のお知らせ」です。

iOS 8でテザリングが使えるようになったドコモ系MVNOに対し、mineoでは反対にデータ通信そのものがiOS 8にアップデートした端末で利用できないと言った状況になっているようです。データ通信のみのシングルタイプではLTEに接続できないためデータ通信が使えず、デュアルタイプでは通話とSMSだけは使えていて、データ通信が使えないという状況のようです。

プロファイルだけで解決するならいいですが、厳しいのではないかと思っています。「弊社では引き続きmineoサービスのiOS 8対応に努めてまいります」と書かれてはいますが。

事前にわかっていたのか?


mineoユーザーサポート|お知らせ|詳細
http://support.mineo.jp/news/221/


9/10時点でmineoから出された「【重要】iOS8リリースに関する弊社からのお願い」です。

引用すると
お客様各位

平素はmineoサービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

さて今般、Apple社より、iOS8が一般公開される予定です。弊社では、公開後 速やかに、iOS8に対応した端末の、mineo通信サービスにおける動作確認を行い、動作確認結果を後日、 メールおよび弊社ホームページ(http://mineo.jp/device/#deviceList)にてお知らせいたします。

iOS8ではmineo通信サービスをご利用いただけない可能性もありますので、iOS8へのアップデートをご検討のお客様は、弊社の動作確認結果を待ってから実施いただくようお願いいたします。

なお、iOS8へのアップデートにより、mineo通信サービスをご利用いただけなくなった場合は、弊社では責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

以上


私はmineoも契約していてメールでもこのお知らせが届いたのですが、届いた時点では特に疑問なく注意喚起なんだなと思って読みました。ですが今こうなってみて再び読むと、既に「利用できない可能性」に言及している点が気になってきます。

こういう状況に陥るとベータ版やGM版で知っていたのか、それとは関係なくなのかは文面を見る限りではわかりません。iOS8ではMVNOでテザリングができるかもという情報には、mineoに関する情報は含まれていませんでした。まだまだ利用者が少なく、ましてβ版を入れるユーザーは多くないですから情報が出てこないのは自然です。それでもサービス運営をしているmineo内ではベータ版を入れてチェックしている可能性はなくはないのかなと思います。


iPhone 6でも使えない?

mineoを使うつもりなら”iOS 8へのアップデートはお控えください”とのことでした。さて、これからiPhone6/6 plusが発売されても使えないということなんでしょうか。

au回線だとキャリアアグリゲーションが使えたりWiMAX2+(バンド41、2.5GHz帯のTD-LTE)にも対応してるということでau回線の良さがmineoにもあるんじゃないかと思っていたのですが。

会社が傾くということはないと思いますが、mineoの事業展開のスピードが鈍ったり評価が落ちるといったことはあるのだろうと思います。はじめてSIMフリー版を同時発売するという、MVNO各社にとってはアピールする大チャンスなわけで、その機会を逸して見ているしかできないというのはかなりつらいと思います。mineo側がどうこうできる領域で失敗したのならまだしも、自社では容易にコントロール出来ない、他社のソフトウェアの一部分の挙動でダメになってしまうというのはかわいそうではある。ですがその社の機種は市場に大きな存在感を持っていて、ユーザーにとっては利用できないなら”全く使えない”サービスでしかないわけで、実際に利用者の数が増えないだけでなくイメージも悪くなってしまうmineoはつらいだろうなと。

どうなんですかね。おそらくiPhone 6でも利用できないんだろうなと思いますし、「iOS 8で使えるようになるのはいつなんだ?」というよりも「使えるようになるのか?」という先の見えなさがあります。大変そう。


キャリア用に作られた端末ではなく、世界中のキャリアで使われるための共通仕様ハードにそれぞれキャリア用の挙動をソフトウェア的に書いて、さらにその上でmineoはMVNOとしてKDDIのネットワークで別のサービスを組み立ててってことで難しいんだと思います。mineoもKDDIもAppleも。わざと使えなくしてやろうなんて思って起きてることではないと思いますから。

iOS 8リリースでと書いてきましたが、OSだけではなく、キャリアプロファイル、ネットワーク側の挙動含めたすべての組み合わせで起きてる問題と言ったほうがいいのかもしれませんね。ややこしい問題です。

IIJmio、驚きのクーポン倍増



IIJmio:サービス仕様改定のお知らせ(IIJmio高速モバイル/Dサービス)
https://www.iijmio.jp/info/iij/20140918-1.html


各プランの料金はそのままで、ミニマムスタートプランが1GBから2GB、ライトスタートプランが2GBから4GB、ファミリーシェアプランが倍以上の3GBから7GBへとそれぞれ増えました。追加クーポンの料金も100MB324円から216円(税込み)に値下げ。音声通話の基本料が1080円から756円へと値下げに(これは既に発表されていたが)。

iPhone 6/6 Plus発売前日にこんなカードを切ってくるとは。

契約している間にこんなにも容量が増えるなんて。必ず良くなっていくサービスに満足です。

iPhone 6、私が買うなら4.7インチ/シルバー/64GBがいいですね。今回のデザインはスペースグレイがDラインが目立たなくていいかもですが。5.5とともに、持った感じはどうなんでしょうね。発売は明日です。



ほかのMVNO

最近のほかのMVNOプランについても少し触れておくと、大容量のプランや無制限のプランなど、より多くのデータ通信をする人への提案が増えていた。U-mobileの5GBや7GBのプラン、日本通信の7GB、ワイヤレスゲートの5GBや10GBのプラン、ぷららの3Mbpsで容量制限なしプランなど。加えてワイヤレスゲートは490円で250Kbps容量無制限のプランを提供を始めたりしていた。

IIJの対抗馬というかMVNOの有力プレーヤーであるOCNはその間、IIJのよい所と評価していた高速通信ON/OFFのスイッチの提供を始めている。

各社、サービス条件の改善や料金値下げ、端末や付加サービス等のプランとは別のサービスを拡充したりと競争は続いています。



今回のサービス改善、いつもと同じくiOS対応の情報提供の速さ、こうしたことを踏まえてIIJを利用し続けていればよいのだと再認識しています。ファンです。たぶんこれからも。

また何かニュースがあればこんな感じで書くと思います。mineoがんばれ!


※追記 9/19
iPhone6/6plusでも同様にIIJmioはLTEで接続&テザリング可で、mineoは利用不可と発表されました。



この記事へのコメント