Javaのアップデート時に表示される「セキュリティ・プロンプトの復元」とは

今日はアップデートがたくさんある日でした。

Flashが12に。MSのWindows Update、Adobe Readerも。Chromeは32に。そしてJava。

Javaはv7 update51に。(厳密に言えばJavaの実行環境であるJREのバージョンのこと)
java-u51.png
インストールが終わりいつもはすぐに閉じる画面になるのですが、こんな表示が。
java_security-prompt-1.png
「セキュリティ・プロンプトの復元」という項目にチェックが入った状態で表示されました。

「セキュリティ・プロンプトの復元」とは


ダイアログだけではよくわからなかったのでヘルプページを見てみましょう。
java_security-prompt-3.png
セキュリティ・プロンプトの復元
7u51以降では、ユーザーには、最新のリリースをインストールする前に31日以上非表示であったプロンプトに対してセキュリティ・プロンプトを復元するオプションがあります。

今後プロンプトを非表示にするオプションが、アプリケーションを起動する際に表示される一部のセキュリティ・プロンプトに含まれています。システムのセキュリティを継続的に確保するには、非表示にしたプロンプトを定期的に復元することをお薦めします。プロンプトを再表示することで、アプリケーションを確認し、実行の必要性を確認する機会が提供されます。

以前に非表示にしたプロンプトを復元するには、Javaコントロール・パネルから「セキュリティ・プロンプトの復元」をクリックします。選択内容の確認を求められたら、「すべて復元」をクリックします。次にアプリケーションを起動する際に、アプリケーションのセキュリティ・プロンプトが表示されます。

Javaを使用するサイトを訪問した時に、セキュリティを目的として意図した動作かをユーザーに毎回確認させる通知が出てきます。(参考例:Javaからセキュリティ・プロンプトが表示される場合はどうすればよいですか。)その際に今後も同じことを毎回確認するのを避けるための「再度表示しない」オプションがあります。よくJavaを使う人にとっては非表示にできるというのは、手間が省けていいことですがセキュリティの観点からは必ずしも望ましいものではありません。今回から導入された「セキュリティ・プロンプトの復元」はユーザーの利便性とセキュリティをバランスさせることを試みているのだと思います。

「セキュリティ・プロンプトの復元」はJavaのアップデート毎に非表示とした選択をクリアする機能です。ただし全てリセットすると不便なので最近31日間に非表示にした選択はクリアされないで残るという仕様になっています。ただそれも日が経って31日を過ぎればクリアの対象となるはずなので、だいたいJavaをアップデートする度に確認画面が出てきて尋ねられることになると思います。

今回の「セキュリティ・プロンプトの復元」機能は、当然これまで非表示にしないで毎回確認を出させている人にとっては何の変更もありません。そういう人はこれまで通り聞かれて答えて使うという形。私もJavaはめったに使うことがないので非表示にしてません。

私の選択はチェックを入れる

非表示にはしませんが、より安全なように「セキュリティ・プロンプトの復元」にはチェックを入れたままにしておきました。

「次へ」で、
java_security-prompt-2.png
インストール完了。

java_u51installed.png
最新です。


このほかの更新内容は公式情報をどうぞ。
Java SE 7 Update 51 Released (The Java Source)
https://blogs.oracle.com/java/entry/java_se_7_update_51
Oracle Blogs 日本語のまとめ: [Java] Java SE 7 Update 51 Released
http://orablogs-jp.blogspot.jp/2014/01/java-se-7-update-51-released.html
(日本語に訳・解説しているブログ)
Oracle、「Java SE 7 Update 51」を公開 - 窓の杜
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20140115_630773.html
セキュリティスライダーの変更について少し解説してあります


余談ですが私はJavaとFlashのバージョンチェックページをブックマークしています。月イチくらいのつもりで気がついた時にチェックしています。

Java:http://www.java.com/ja/download/installed.jsp
Flash:http://www.adobe.com/jp/software/flash/about/



この記事へのコメント

  • ミカサ

    ありがとうございます。
    ヘルプページのリンクを3回読んでも「これ、日本語?」状態。
    言葉の意味合いは分かっても、新機能全体として何をしたいのかが分からずに検索してたどり着きました。
    「利用者が一度安全と判断したページは再度警告しないが、
    31日間経過したらクリアするので、再確認してね」という意味だと判断しました(違います??)

    同じく、チェックマークをつけたままでインストールしました。
    アドオンでこんなに迷ったのは初めてです。参考になりました。
    ありがとうございました。
    2014年01月16日 17:30
  • 管理人

    ミカサさんこんにちは

    >「利用者が一度安全と判断したページは再度警告しないが、31日間経過したらクリアするので、再確認してね」という意味

    そうだと思います。ただしクリアするのはアップデートをインストールするときのみなんです。これのせいで話がややこしくなっているんだと思います。

    私も最初のダイアログだけではよく意味がわからず、ヘルプを読んだりして調べていて記事にしてみようと思いました。少しでも誰かの役に立てばと思って。
    2014年01月17日 03:38
  • ミカサ

    フォローいただき、ありがとうございます。
    ダイアログ&ヘルプを読めば理解できるくらいの経験値は持っているはずなのに、今回はほとほと困りました。
    今のところJAVAの警告ウインドウが出たのが1回だけなので、私も管理人氏と同様利用頻度は少ない感じです。
    お世話になりました。
    ※ブックマークしました。時間を見つけて以前のエントリーも拝読いたしますね。
    2014年01月18日 16:22
  • 管理人

    いえいえ。

    恥ずかしいので流し読み程度でお願いします(笑)
    2014年01月19日 03:05