outlook.comにセキュリティ情報を追加しないとログインできなくなったので

outlook_proof1.png
昔から使っているメールアドレスのひとつがマイクロソフトのwebメールでして。

今は名前がoutlookとなりました。ブラウザからログインする際に確認用の追加情報を求められるようになり登録した。

以前から何度も確認用のメールアドレスを登録するように言われていたが、無視してログインできていた。outlook.comに変わってしばらく経ったころ(3ヶ月くらい前だったか)「スキップはあと3回までよ」みたいな表示が出た。今回それが尽きたようで登録を強制する画面に(逃げ道がない)。ブラウザ以外で受信するのは可能。まあ、パスワードを忘れた時に困るっていうのもわかるから登録しておくべきでしょう。面倒で逃げまわってきた私みたいなのが多かったんですかね。

ログインしたらこんな画面になる。
outlook_proof2.png

電話番号か連絡用メールアドレスが求められる。

公式ヘルプより手順を引用。
Microsoft アカウントのセキュリティ情報: FAQ

アカウントにセキュリティ情報を追加するには、どうすればよいですか?

アカウントにセキュリティ情報を追加するには、次の手順に従います。

1. Microsoft アカウントにサインインします。

2. [パスワードとセキュリティ情報] の [セキュリティ情報の編集] をタップまたはクリックします。

セキュリティ コードを入力するようメッセージが表示されたら、Microsoft アカウント チームからのコード用の代替メール アドレスや電話番号を確認します。

電話番号をアカウントに追加するには

セキュリティ コードは、携帯電話のテキスト メッセージまたは自動音声メッセージでお送りします。アカウントには複数の電話番号を関連付けることができます。

1. [セキュリティ情報] ページで [電話番号] の下にある [追加] をタップまたはクリックします。

2. 国コードを選択します。

3. 電話番号を入力します。

4. 自動音声通話またはテキスト メッセージのいずれかで電話番号を確認して、[次へ] をタップまたはクリックします。

5. 電話で確認コードをチェックしてそれを入力し、[次へ] をタップまたはクリックします。

追加した電話番号がアカウントのセキュリティ情報に表示されます。

代替のメール アドレスをアカウントに追加するには

代替のメール アドレスにセキュリティ コードが送信されます。アカウントには代替のメール アドレスを 1 つ以上関連付けることができます。

1. [セキュリティ情報] ページで [連絡用メール アドレス] の下にある [追加] をタップまたはクリックします。

2. メール アドレスを入力し、[次へ] をタップまたはクリックします。

3. 連絡用メールで確認コードをチェックしてそれを入力し、[次へ] をタップまたはクリックします。

追加したメール アドレスがセキュリティ情報に表示されます。


ということ。どのメールアドレスを登録するか選ぶのが億劫だったので、携帯電話の番号を追加することに。

outlook_proof3.png

電話番号・日本と選択した状態で番号を入力し始めるとテキストの選択肢はグレーアウトしてしまう。海外webサービスで日本だけSMSが利用できない事があるのと同じ状況のようだ。SMSが使えたらいいのにどうして日本はダメなんでしょう。

自動音声メッセージというのに興味もあったのでそのまま電話番号で登録していく。

登録したらこの画面に。
outlook_proof4.png

間もなくということで焦る。

ほんとに1分も置かずにかかってくる。「間もなく」だった。

日本語でガイダンスがあり、2度コードが読まれて切れる。ちなみに+44から始まる番号でかかってきた。(44はイギリスの国番号)

入力したら、
outlook_proof5.png
登録した番号が選択肢に出ている。もう一つの選択肢は「その他」だった。おそらく別の番号またはメールアドレスを登録する手順になると思われる。当然さっき入力した番号でいいので、そのまま次へ。

再び電話がかかってきてもう一度コードを入力する。(今度は+1の北米からだった)
outlook_proof6.png

割と面倒だ。この時点で音声でのコード受取は負担が大きいと思った。メールなら1分後に開いてもいいけれど、音声は今すぐ出て聞き逃さない事が求められる。

それもあって「このデバイスでは頻繁にサインインするので、コードの入力は不要にする」にチェックを入れることにした。

これで手順は完了のようだ。
outlook_proof7.png

この画面によると認証アプリもあるらしい。

outlook_proof8.png

AndroidやiOSでも認証アプリはあるとのこと。電話で自動音声を受ける代わりになるならそっちを使えるようにしようかな。(バーコードは個別アカウントと紐付いているものかわからなかったため、一応モザイク処理しておきました。実際はQRコードでした。)


これでようやくメールが見れた。


いくつかほかの情報も引用しておくと
なぜセキュリティ情報を追加する必要があるのですか?
個人情報保護のために、Microsoft アカウントをお持ちのすべてのユーザーに、アカウントに関連付けられているセキュリティ情報が適切で最新のものであるか確認するようお願いしています。セキュリティ情報 (代わりのメール アドレスや電話番号など) が最新であれば、問題のある場合にその情報を使用してお客様の ID を確認できます。たとえば、パスワードを忘れた場合や、だれかにアカウントを乗っ取られた場合は、Microsoft は、これらの情報を使用してアカウントを回復します。

Microsoft では、セキュリティ情報をどのように使っていますか?
セキュリティ情報はアカウントを保護するためにのみ使用されます。たとえば、自分のアカウントにアクセスして変更を行う場合、それが本人による変更であることを確認します。入力された電話番号またはメール アドレスに対し、1 回限りのセキュリティ コードを送信します。送信したコードが入力されると、本人であることが確認できます。

Microsoft アカウントのセキュリティ情報: FAQ


クレジットカードや銀行の情報も扱うことがあるだけにメールのセキュリティも気をつけていかないと。ずっと変えてないパスワードもよくないよな…






この記事へのコメント

  • しゅん

    このブログ半年前ですね。
    私は今日が初めてで、まず???となり、
    さらに電話がどうした、電話番号を入力したらどうなる?
    と悩みましたよ(笑)

    自動発信ですぐかかってきて耳で聴き取る。
    まさかそんな方法があるとは・・・
    ここを見なければ全く理解できなかったでしょう。
    (要するにマイクロソフトの説明不足ですよね)

    まあ結局はメールで受け取ったのですが(笑)
    ともかくありがとうございました。
    2014年05月18日 20:19