iOS7で通知からツイートできなくなったのでURLスキームで代替策

2/23追記 iPhone/iPadの通知エリアからツイートしたい - 「Ready Tweet」という記事を書きましたのでこちらもどうぞ。

ios7tweet1.PNG
私もリリースされた日にiOSをアップデートしまして、変化を楽しみながら触っています。使い始めてすぐはアニメーションが長くて鬱陶しいなとか感じてたんですが、すぐに慣れていき今ではもうiOS6には戻れないなとまで思ってます。事前に紹介されてた段階では改悪だと思ってたSafariや設定のアイコンも違和感なくホーム画面に馴染んでます。私はiPhone4でアップデートしたので動作は若干重いですかね。古いハードですから仕方ないことだと思います。

さて、今日の記事ですがタイトルにあるとおりです。いくつも変わった部分がある中で、個人的によく使っていたiOS6の機能の一つが通知センターからのツイートです。iOS7はこんな感じになりました。
ios7tweet2.PNG

今まで使ったことはなかったのですが、URLスキームを使って通知センターにショートカットを置くことにしました。

URLスキームとは


詳細な解説はしませんが、簡単に説明したいと思います。

Safariでアドレス欄に「music://」と入れてみてください。アドレスを開くとミュージックアプリが開きます。

同様に他のアプリも特定の文字列を入力すると開くことができます。これがURLスキームです。

アプリを開くだけでなく、その中にある機能を指定して開くこともできます。

URLスキームについて気になった方はこちらもどうぞ。appbankがわかりやすく解説しています。
知っておくとiPhoneをもっと便利に使える「URLスキーム」とは? - たのしいiPhone! AppBank


このURLスキームを使ってツイッターの投稿画面へのショートカットを作っていきます。

TwitterクライアントのURLスキームを調べる


ショートカットを作る前に必要なことがあります。どのアプリを使うのかを決めることとそのアプリのURLスキームを調べること。アプリによってはURLスキームが設定されていないことがあります。その場合は利用できないので注意。

ios7tweet3.PNG

App Gateはこのあと使うランチャー。

他は主に使っているTwitterクライアントをリストアップ。Twitter, Twitterrific, The WorldTweetMe Fastは投稿専用のアプリ。

今日の目的はTwitterへの投稿を素早くできるようにすることなので、投稿画面へのショートカットを使います。

TwitterのURLスキーム:twitter://post?
TwitterrificのURLスキーム:twitterrific:///post?
The WorldのURLスキーム:theworld://scheme/post/?text
これがURLスキームのリストです。投稿画面が開きます。ほかにもtweetbotやechofon


これらのアプリはタイムラインの読み込みも行うため起動して投稿できるまで少し時間がかかります。特にiPhone4は古い機種なので気になるポイントです。アプリによって違いも大きく、この中ではThe Worldが早かったです。

先ほどのスクリーンショットに上げたTweetMe fastは投稿専用なのでこれを起動できたらいいんですが、URLスキームがわからず。

URLスキームの調べ方

調べる方法はgoogle検索や開発者ページを調べたり、アプリ内のヘルプに記載がある場合があります。検索してみて見つからない場合は諦めて別のアプリを使うほうがいい気がします。一応他の調べ方も載せておきます。

SQoreというアプリを使った方法
iPhoneだけでサクッとURLスキームを調べる方法があった。 | オレっち.com http://ore-ch.com/urlscheme-search.html

これはアプリのスキームだけで投稿画面まではわかりません。マイナーなものも無理。

もっと手間がかかる手段としてパソコンでソフト入れて調べる方法があります。
【iOS6】最新版 iPhoneアプリのURLスキームを調べる方法!! iPhone構成ユーティリティは Mac/Windows 対応 http://samulife.com/iPhone/urlscheme-ios6
iPhone構成ユーティリティのみを使う方法
iPhone構成ユーティリティに加えて別のソフトも使う方法。こちらのほうが見やすそうではある


いずれにせよ投稿画面までは無理そう。

最後の手段は開発者に連絡してみる。これも可能性は低そうですが。

ショートカットを作る


App Gateという無料アプリを使います。


App Gate 2.1.0(無料)App
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス
販売元: Akihiro Murata - Akihiro Murata(サイズ: 0.6 MB)
全てのバージョンの評価: (14件の評価)



起動した画面
ios7tweet4.png
下のタブからAppをタップして新規登録
ios7tweet5.PNG
Nameは好きなように設定してください。SchemeはURLスキームを入力。
ios7tweet6.PNG
Addを押して、通知に置く場合は通知する時間をセットしよう。
ios7tweet7.PNG
1分後とか2分後でいい。

ios7tweet8.PNG
App Gateに登録したスキームがリストアップされます。タップするとアプリが自動的に起動します。通知センターから通知をタップするとApp Gateを一度起動し同じように自動でアプリへ飛びます。既存の設定は長押しで編集できます。Deleteでは登録したスキームを消すことと、通知だけ消すことも選べます。

通知画面
ios7tweet9.PNG
The Worldを起動してみる
ios7tweet10.PNG
起動!これでやりたかったことは完了です。


私はApp Gateという無料アプリを使いましたがほかにもMyShortcuts+Viewerというアプリがあります。有料ですが人気アプリのようで情報も多いですね。知らないだけでほかにもあるんだろうと思います。

iOS5のiPadでも


ついでに。同じ方法で。

iPadでTwitterクライアントはTwitterrific公式Echofonなどいろいろと入れているがほぼTweetbotしか使っていない。

Tweetbot ― 個性派Twitterクライアント (for iPad) 2.8.4(¥250)App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ライフスタイル
販売元: Tapbots - Tapbots(サイズ: 35.5 MB)
全てのバージョンの評価: (331件の評価)


TweetbotのURLスキームは公式にまとめられててわかりやすい。
Tweetbot URL scheme — Tapbots Blog

投稿用は「tweetbot://<screenname>/post
<screenname>はアカウント名で置き換えて。


前はlaunchtwi入れたたこともあったんだけどね。デザインがあんまりよくなくてだんだん使わなくなって…。もうApp Storeにないみたい。通知にも置けたり機能は悪くなかった。

投稿専用で言えばtweetfireなんてのも使ってた。これももうないみたい。

投稿専用アプリを通知から起動できたらいいんだけどなあ。あとで調べてみるか。

おわり


一度設定しておけば次からは1タップ。便利になったね。

URLスキーム、ハマりそうな予感。


この記事へのコメント