iPhoneの感想とフィードリーダー。

2013-05-08 00.47.06-1.jpg
最近譲ってもらった黒のiPhone 4。

家のWiFiにつないで使っている。iPadは持っているがiPhoneやiPod touchは持ったことがなかったので、いろいろ触って違いを感じたりして遊んでいる。

iPadのアプリ資産が活かせるかと思っていたが、iPadとiPhoneで分かれているものがあって恩恵はそれほどなかった。ReederとかTweetbotとか。iPhone版のアプリを買ってもいいのだけど、メインの端末でもないし回線もないから控えている。次にiPhoneを買う予定でも立てば買うかもしれない。それは今後次第。


サイズははじめ小さく感じた(galaxyの4.3インチとの比較で)。使っていくうちに慣れてきて小ささは気にならなくなってきた。画面上部がメニューバーで埋まってるアプリはやっぱり狭く感じるため、アプリによるところも大きい。手に持つ意味では持ちやすい幅だと思う。


ディスプレイはきれいだ。

フォントとあわせて画面の精細さにはやみつきになる。Instagramなど写真を見た時や細かい文字を読むときにきれいだなあーと思う。Galaxyに戻ったときにも実感する。あちらはあちらで発色が派手で、そこは嫌いじゃないのだけど精細さはかなり劣っている。これまでRetinaディスプレイを常用していなかったために欲しくならずにいられたという意味では、危ない。眠っていた物欲に変な刺激を与えている気がする。


とりあえずでいろいろアプリを入れてiPhoneを使っているなかで、気に入ったアプリをひとつ紹介したい。

Google Readerクライアントの「Newsify」


Newsify: Your News, Blog & RSS Feed Reader 3.0(無料)App
カテゴリ: ニュース, 仕事効率化
販売元: Ben Alexander - Ben Alexander(サイズ: 11.1 MB)
全てのバージョンの評価: (700件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応



無料になっているアプリで、Reederを買わない代わりに入れてみた。かなり気に入っていて、フィードをチェックするのにAndroidのPressやiPadのReederを差し置いてこれを使っている。

デザインがよく機能も充実している。サムネイルが見れるのがいい。リスト画面で記事の雰囲気がつかめて消化していくのに役に立つ。同期が速いのもうれしい。

リスト画面では長押しで既読にしていき、記事を読むときはスワイプで次の記事へ進んだり、全文が配信されていないときはReadability機能でさっと全文を取得。もちろんアプリ内ブラウザで開くことも出来る。共有するサービスにも不満はない。

iPadにも対応していて一応入れてみたが動作が遅く、初代のiPadでは厳しいようだった。サムネイルが見えるのに加えグリッド表示は大きな画面で生きるだろうなあと思いつつ、うちのiPadで使うのは諦めました。

有料でも使う価値ありのNewsifyはぜひ使ってみることをおすすめします。


こんな感じでiPhone絡みのポストがこれから増えるかも。ではまた。


この記事へのコメント