日本通信が「スマートSIM」を発表!

つい先日IIJのライトスタートプランを強く推奨する記事を書きました。
データ通信用にAmazon SIMを利用中: DNAが支配する世界

この脅しが効いて(ほんとか?w)、日本通信が今日対抗するプランを出してきました。

日本通信、月額定額使い放題SIMシリーズを新発表 ―「月額定額980円」「月額定額1,980円」「月額定額2,980円」12月15日より同時発売 ―|日本通信株式会社

要約すると、

980円 - LTE/3Gで150kbps
1980円 - 1GBまで高速、以降150kbps
2980円 - 2GBまで高速、以降150kbps

どのプランもTurbo Chargeあり、100MB/525円。SIMサイズは標準とmicro。縛りなし。12/15よりアマゾン、ヨドバシ、日本通信公式オンラインショップで購入可。

プラン変更がネットからでき、手数料もかからないとのこと。これはいいですね!

さらに


先日の記事を書いた時点でイオンSIMが今回の1980円と同様のプランへ変更が可能になりました。まさにライトスタートプラン対抗だと書いたのですが、今回の発表では私にとってありがたい情報が含まれていました。発表から一部引用します。
月額定額使い放題SIMシリーズは、SIMビジネスにおける経験と実績に基づき、お客さまのニーズを3つのプランに凝縮した、当社が自信をもっておすすめする新商品です。「スマートSIM 980 Turbo」「Amazon.co.jp限定販売 高速定額」「イオン専用b-mobileSIM」をご利用のお客さまも、My b-mobileから新しい月額定額サービスに変更していただけるよう、順次対応する予定です。

アマゾン限定の高速定額SIMからのプラン変更を公式にサポートする準備があると、記載されています。これはIIJに心が揺らいだ私を引き止める条件として書いたものと一致しています。私の記事にはなんの影響力もなかったと思いますが、IIJのライトスタートプランに、ユーザーが離れる雰囲気・危惧を日本通信は抱いたのだと思います。競争万歳ですね。


プラン変更の具体的な条件はまだ出ていないので、待たされるのか・変更に手数料が必要か気にはなりますが、乗り換えの脅しがあるので悪条件にはならないと予想しています。なにせ高速定額とは料金が同じで、提供するサービスが倍になりプラス150kbpsの通信継続と差が明らかだからです。PairGBのようにSIMが2枚提供されるわけでもないですし。

プラン変更今月中にできたらいいなー。




これの正式名称は何なんでしょうね。リリースには「月額定額使い放題SIMシリーズ」、公式のアマゾン取り扱いSIMのページには「スマートSIM」、パッケージには「b-mobile スマートSIM」と何と呼んでいいのか。プランもありすぎて訳がわからないし。これを機に商品ラインナップの絞込みをしたほうがいいんじゃないかと。カード払いとプリペイドを分けてるところに理由付けの意思を感じるけれど。

ツイート




月額定額SIM? スマートSIM?




やるみたいですね。nano SIMはまだ先のよう。



現場でも多少混乱?急ぎで企画、発表となっているのかもね



150kbps時はwebアクセラレータ適用と。


今日はここまで。最後まで読んでくれてありがとうございました。


この記事へのコメント

  • 田所克哉

    この記事をGoogleで発見し、LTE/3Gのどちらでも使用可能とあったので早速日本出張時(現在海外在住中)にAmazonで購入しました。然しながら電話での開通申請時にタライ回しにあい且つ挙句の果ては3Gでは使用できないとのこと。SIM代は戻ってこないし、SIMの返却までもとめられとんでもない迷惑を受けました。
    2013年05月24日 16:24
  • 管理人

    住所確認ができないために開通させる事ができなかったということでしょうか。

    技術的にはドコモのFOMA回線で使える(周波数等が対応している)端末をお持ちであれば、3G回線で接続することも可能なはずです。
    2013年05月26日 09:10