データ通信用にAmazon SIMを利用中

現在利用中のデータ通信サービスのお話。

タイトルは厳密には正しくなくて、Amazon.co.jp限定で販売されている日本通信のSIMです。プランはLTE対応の高速定額(月500MBまで)です。ここではAmazon SIMと略させてください。


「日本通信 bモバイル4G Amazon.co.jp限定販売 高速定額(500MB/1ヶ月)SIMパッケージ」を購入して月に1983円を払って利用しています。(端数はユニバーサルサービス料の3円)以前はb-mobile Fairを利用していました(→その時の記事)。

契約の詳細について


LTEまたは3Gで月に500MBまで使えるデータ専用のプランです。Amazonのみで販売していて、SIMが3150円で売られています。これが初期費用にあたります。だいたいどのMVNOも初期費用は3000円程取っていますね。

SIMは標準サイズのSIMとmicroSIMが購入時に選択できます.。

プランの変更はできず、一度利用停止をして再開することも出来ません。(盗難や紛失の際の利用停止はデータ通信を止めるだけで利用料金はかかります。日本通信のmypageで「一時中断」と表記されているものです。)利用を止めたいときは解約、再開をしたいなら初期費用を再び払って新規に契約をすることになります。

b-mobile fairもそうでしたが容量制限を超えると、通信は停止となります。同じ月で通信をしたい場合は容量を購入しなければいけません。Amazon SIMの場合は購入した権利はその月内で使い切らないと持ち越しもできないので注意してください。値段は同じ500MB 1980円です。

利用にはクレジットカードが必要です。

開通手続き


随分前に行ったのでおぼろげですが書いていきます。

PCから登録ページにアクセスし利用登録をします。アドレスはパッケージに書いてあります。
http://www.bmobile.ne.jp/am/apply.htmlです。
私は既に日本通信のサービスを利用していてアカウントは持っていたので、既存のアカウントでログインしプランの登録を始めました。従っていけばわかると思います。サービスは営業時間中であれば15分ほどで、20時以降の場合は翌日9時15分頃までに開始されます。

サービス開始時間くらいで注意することはそれほどないと思いますが、利用開始日から月を数えていくので、日割りで最初の月や最後の月を利用することはできないのでタイミングを図りたい人は購入から気をつけてください。ということくらいかな。

端末にSIMを挿してAPN設定を行ったら開通を待ってください。

利用開始まではアンテナピクト(バリ3とかの電波マークのあれ)立ちません。SIMを挿しても認識していないんじゃないかと焦る必要はないです。

利用環境と速度


さっき書いたアンテナピクトが開通まで出ないことで焦った人がいます。私です。なぜ焦ったのか。

fair同様利用端末はdocomo版Galaxy S2(SC-02C)。

SIMは標準ではなくmicroを選びました。小は大を兼ねるのがSIM業界。今後端末を変えても利用できるようにと選択。端末は標準サイズですから、アダプターもあわせて購入しました。



こんな感じのでした。なんかよくわからないですけどどれもむちゃくちゃ安くて、送料もかかりませんでした。これは64円で送料無料ですね。どうやって儲けてるんだろ。

そういうわけでSIMアダプターをかませて、トレイに挿入しました。ネットなんかで調べるとアダプタを入れることでトラブルもあるらしく、不安だったんですね。SIMを入れても一向にアンテナが立つ気配がなくて、前はSIMを入れればアンテナがすぐ立ったと思っていたので接触不良が起きたと思ってしまったんです。通知エリアに表記されるキャリア名も表示されなくて。抜きなおして再度入れて、それでもだめで、アダプタとSIMの間に紙を挟んでみたりして。電源落としたり機内モードにしたり、データ通信オフにしたり。結局開通処理が終わった時間に普通にアンテナ立って利用できまして。紙も抜いて何の問題もなく、利用開始。


(実はSIMの認識はされていたということなんですが、電話番号をAndroidの設定画面から確認できます。これを見ればアンテナピクトとは関係なくSIMの認識がされているかいないかを判別できるというわけです。もしMVNOのSIMを導入して同様の焦りを体験したらこれを思い出すといいと思います。)


脱線が長くなりました。SIMアダプタの件は別で記事書きます。

速度について。
Galaxy S2はLTE非対応なので最大限の速度は利用できていません。FOMAハイスピードの14Mbpsが最高の条件となります。

speedtestの結果
speedtesting1209.png
(日付表記は月/日/年)

下りは4Mbpsを超えたことはないですね。最高が3.9くらい。だいたい2M~3Mが安定して出ます。上りはいつも0.4Mで張り付く感じですね。384kbpsで運用されてそうです。エリアによるものなのかMVNOのサービス条件によるものなのかはわかりません。

pingは最小で135ms、最悪で1000msの時がありました。最悪のときはその直前繋がらなかったりしたので異常値で、悪くても250から300超えるくらいで収まります。最近は150~160台で安定してる感じです。悪くないと思います。

モバイルルータに挿す


LTE対応のモバイルルータを買って利用してみたいという気持ちもありました。そういう使い方をしている人もいます。利用頻度が多くないのでそこまで必要としていませんが、LTEで利用したいとは思ってまして。私もタブレットを持ってますし使えたら便利だとは思います。FoxFiを知ってからは一部要求は満たされてしまいましたが。

L-04Dを白ロムで買おうと検討まではしました。オークションで5000円切るくらいだった頃に見てました。最近は値上がりしてますね。100Mbps対応のL-03Eが来年1月に発売になるので狙うとしたらそっちかなと思っています。(国内キャリアでiPhoneを買ってしまってテザリングもなくない…笑)

どんな人におすすめか


「500MBの制限がある代わりに安い。500MBは高速で利用できる。」という条件からモバイルでの利用頻度は多くないが高速で利用したいという人がターゲット。契約期間の縛りもない。私の利用スタイルにもあっている。

高速でなくていい、とにかく安くして欲しい人はDTIの500円のやexcite, 日本通信 or IIJのイオンSIMが100~150kで利用できます。楽天のも100MBの高速クーポン付きであったり。

高くてもいい、大量に高速で利用したい場合は、キャリアのプランやemobile、制限なしがいいならwimaxがある。

この両者の間のニーズを埋めるのはこのAmazon SIMかIIJのファミリーシェア1GBくらいだった。日本通信でPairGBが2GBもあったかな。SIMは1枚でよかったし、容量も多くなくてよかった。安さ優先で契約した。3000円となるとモバイルルータが視野に入ってくることもあって。


最近になってIIJからライトスタートプランというプランが始まった。これはLTE含む高速で1GBまで高速で利用でき1980円のプランだ。これの登場でAmazon SIMを新たに買う意味は消滅した。なので、

おすすめはIIJのライトスタートプランです。

イオンのみで購入できるウェルカムパックというSIMのパッケージを買ってライトスタートプランを選んでください。他のプランも選べるパッケージとなっています。ミニマムスタートも選べますし、ファミリーシェアを申しこめばSIMも追加で送ってもらえます。ネット通販もあるので近くにイオンがない場合はネットからも買えます。しかもIIJのプランは容量を超えても128kで通信は継続できるところが魅力です。


ただ日本通信は最近対抗プランを作りました。1GB1980円の完全同条件です。既存のイオンSIM(日本通信提供の)から変更のみの受付でほかのSIMからはそのプランには変更できないようになっています。

このAmazonSIMは解約の予定でいます。同条件のプランへのアップグレードがない限りは、タイミングを見てIIJのライトスタートプランに乗り換えます。条件もいいことですしすぐ乗り換えて長く使えばいいのですけど、別の競合からより良いプランが登場することも考えられるわけで、初期費用を考慮に入れると得をしない選択となる可能性もあります。利用者の声や実効速度がどのくらいかを見てからでも遅くはないとも思いますので、いずれ。


ということでIIJのライトスタートプランのお勧め記事でした(違)

2013/1/6追記
が、その後いろいろありまして、という話がタグ:回線事情にて続いております。もし興味があればそちらも。


この記事へのコメント