Galaxy S2のアップデートが来るらしい

docomo版Galaxy S2(SC-02C)に1/10からandroid2.3.6のソフトウェアアップデートが来ます。ついでに4.0への期待も書いておくことにしました。

まず2.3.6アプデに関して。ドコモが事前発表している。リンク

詳細についてはドコモの発表を見て欲しいが、細かなことは発表に載っていない可能性もある。前回のアップデートではブラウザのバウンスの挙動がなくなったりしたが発表にはその他扱いだったりした。なので気にする方は人柱情報待ちの方もおられることと思う。
私もそう。面倒だったり、バウンス欲しかったりでこれまでのアプデ避けてたりする。

ただ今回はエリアメールの機能追加があるため入れようかなと思っている。
(エリアメールの他にはテザリング関連、動画音声の不具合改善とある。)

今回のアップデートはエリアメール機能追加のためのアップデートでバージョンもGingerbreadにとどまっているが次はおそらくIce Cream Sandwitchになるだろう。

メジャーアップデートはまだなので当然期待しているし、しなかったら何のためのグローバル端末なのかとなってしまう。Galaxy SはICSアプデが苦しいようだが、この1、2年でのハードの進化を考えればサポートを継続するのは容易ではないと想像できるし、仕方ないかなと思う。端末のバリエーションだってSamsungだけでAppleの何倍もあるだろうし。

ドコモ版はワンセグが載ってるので余計にグローバル版に遅れるとは思うが、ICSは今からというか発表時から楽しみにしている。

いろいろ変わるのもわかっているし、実際にはさらに細かな変更もあるのだろうが現時点で楽しみにしているものを挙げてみたい。

ひとつがChromeとのブックマーク同期。ブラウザを持ってるGoogleなので当然実現に向けて動くだろうし、別PCのChrome間では前から実現しているのでクラウドにデータはあるわけなのでハードルはどう機能させるかという点だけ。PCでもモバイルでもGoogleがソフトを提供し、ユーザーはその上で行動する。うまい戦略ですね。

ふたつ目がプリインアプリの無効化。消せないクソアプリの更新通知で星1の嵐がマーケットに吹き荒れる現状の改善にはなるのでは。使わないのに立ち上がりバッテリーを喰いやがる、かといってrootを取るのは保証から外れる行為です、じゃあどうするんじゃい、はいこちらICSです、と。そもそも消せないのがいけないのでそれをなくす方向に進む途中の第一歩と捉えたいです。

他にもフォントが変わるとか物理ボタン廃止とか通信量制限機能とかあるようで。今ある物理ボタンはいくらGoogleでも消せないのでボタン割り当て機能の変化なんでしょうが使わないとわからないので改悪じゃなければいいなというところ。フォントは日本語環境でどうなるか、通信量はパケホ維持ならそこまで日本で重宝されないでしょうということで特には注目せず。

文字入力や音声入力も日本人としてのメリットは見えにくく、OSの進化よりアプリとしてのGoogle日本語入力の進化に期待の目を向けています。インプットメソッドをアプリとして取り替え可能な仕組みはiOSに勝る部分であると感じたところ。もっと前に出ていればATOKの有料は買わなくて済んだじゃないかと思う汚い自分にも気づかずにいられたかもとも。

nexusのようにOSレイヤーでの変化が素直に受け入れられる環境ではないので、端末メーカーレイヤーでの機能追加、キャリアレイヤーでの日本市場対応などアップデートの障害をたくさん作って頂きありがとうございますとも言いたくなる数々の改変を経て得られるエクスペリエンスはどうなるのか待ち遠しいです。


この記事へのコメント