Windows10のEdgeなどでGoogle日本語入力が使えなかった問題が解決

Windows10にアップグレード後、Google日本語入力を使おうとしたときにいろいろ不具合があったのは以前記事に書いたとおり。その中で設定等をしても治らなかった問題で、タスクバーの検索ボックスやEdge、ストアアプリでGoogleを使うと日本語を入力できないという致命的な不具合があった。日本語を入力したくてもアルファベットの直接入力にしかならないから、しょうがなくその時だけMSの標準IMEに切り替えて使っていた。それがついに解消! 手順は以下のサイトで詳しく。 Windows 7 から Windows 10 へアップデート後、Edge やコルタナなどで、Google 日本語入力が利用できない場合の対応方法 - Google プロダクト フォーラム https://productforums.google.com/forum/#!topic/ime-ja/xBJLDHyJVw0 Windows10でGoogle日本語入力が使えない時使えるようにする方法 | WordPressデビュー津々浦々 http://izu.wpblog.jp/post-3810/ 簡単な説明をすると、Google日本語入力が入ったフォルダのパーミッションを編集するとうまく動くというもの。フォーラムの公式ではGoogleフォルダを、下のサイトではGoogle Japanese Inputフォルダだけを編集するとしている。私はGoogle Japanese Inputフォルダの方にした。 結…

続きを読む

[Windows10]エクスプローラーに「ごみ箱を空にする」ボタンを常に表示させる

Windows10にアップグレードしてすぐに気になった変化で、エクスプローラーでゴミ箱を開いたときに空にするボタンが表示されておらず手間がかかると不満に感じていた。その今までずっと我慢していた問題があっさり解決した。 Windows7の頃はごみ箱を開くとエクスプローラーのウィンドウに常に空にするボタンがあったが、10になったとき隠れてしまっていた。10ではエクスプローラーにもリボンUIが導入されていて「ごみ箱を空にする」ボタンはその中に隠れてしまっていた。 この画像で言うと上のほうの管理というタブの下に隠れている(赤の矢印)。ちなみに緑の矢印の先にあるのが今回追加したボタン。 常にリボンを表示させることもできるが、それだとごみ箱意外のフォルダーを開いているときにウィンドウの上の方のスペースが無駄になるし、何よりかっこよくない。そこは譲れずごみ箱を空にするときだけ毎回一度管理を開いてごみ箱を空にするボタンを表示させて操作していた。 唐突に「これ一番上のバーに追加できるんじゃねーの」と思い、ごみ箱を空にするボタンの上で右クリックしてみた。できた。 「クイックアクセスツールバーに追加」だってよ。そらできるよな。できると気付いてすぐに追加した。 Windows10にしてすぐのとき、エクスプローラーのクイックアクセスツールバーにごみ箱を空にするボタンを表示させられないかと思ったことはあった。だが、クイックアクセスツールバーの右の下向き三角を押して非表示になって…

続きを読む

3年使える卓上カレンダーを再購入

この間まで夏だったのに、かなり寒くなってきました。もう2016年も残り2ヶ月かと見た卓上カレンダー、これも次のを買わないとと思いました。 これまで使っていたものが100均で買った3年分載っている卓上カレンダーでした。今回も同じものがあればと思い、買い物のついでに寄ったダイソーでほぼ同じものを見つけてきました。 3年分使えてお得だし、それに加えてデザイン的にもかっこ悪くなく、見やすさも文句なし。気に入っています。3年あるということが唯一のデメリットでしょうか。大したことではないですが3年の間に変わることもありまして、今年「山の日」という祝日が8月に追加されました。1年ごとに買い替えていたら正しく記載されていたでしょう。3年使っていて気付いた唯一の欠点はそれだけです。この3年使える卓上カレンダーは、とりあえずあればいいという人には十分な商品です。 写真を取ったあと新しい方には前後の月も小さくプリントされているのに気付いたので、来年まで開けないつもりでしたが取り出してみました。結構がっかりな(個人的には)デザインテイストの変化があり、今までのデザインが好きだったなと思いました。色なんていらないんですよね究極。前のは土曜日の色が年ごとの色になっているという慎ましいデザインでした。まあ2014年版から3年経ってますからこれまでにもいろいろデザインは変わってたかもしれないですね。2017年版は機能的にはなってますし、すぐに慣れるとは思いますが、2014年版が至高だったというこ…

続きを読む